センター試験廃止へ、複数回受験できる「到達度テスト(仮)」に

このエントリーをはてなブックマークに追加



国公立大学はもちろん、私大入試にも「最も点数の高かった科目で合否を判定する」といった方法で導入されている大学入試センター試験が廃止を視野に入れて検討されていることが明らかになりました。



センター試験廃止へ 文科省、複数回の新テスト検討  :日本経済新聞

センター試験廃止も 教育再生実行会議、「到達度テスト」導入議論を開始 - MSN産経ニュース

センター試験:見直し検討…到達度テストとの統合も- 毎日jp(毎日新聞)

各社の報道によると、文部科学省は大学入試センター試験を5年後をメドに廃止し、新たな全国統一試験「到達度テスト(仮称)」を創設する検討を始めています。

同テストは受験機会が年に一度しかなかった従来の共通一次試験やセンター試験と異なり、高校2年生以上の希望者を対象に年2~3回実施され、最も良い成績を選べるようになるというもの。

また、フランスが大学入学資格を与えるために実施している「バカロレア資格」を参考にすることや、難易度の異なるテストを用意する案などが浮上しています。

なお、高校2年生以上を受験対象にすることで、到達度テストで好成績を出せば、高校3年生を飛ばしてそのまま大学に入学できる「飛び級」への活用も想定。

現在、飛び級を認めている大学はほとんどありませんが、到達度テストの導入が大きなきっかけになるのかもしれません。


・関連記事
これが大学の偏差値操作の実態、やらせ受験や点数・倍率に手を加えるやり方などが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

返済義務の無い「給付型奨学金」が大学生・高校生向けに導入へ | BUZZAP!(バザップ!)

【豆知識】青森大学、神奈川大学、長野大学、愛知大学、奈良大学、兵庫大学、福岡大学、沖縄大学の共通点は? | BUZZAP!(バザップ!)

「やらせ受験」の悪質な実態、成績優秀者への学費免除制度もほとんど適用されず | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加