KDDIもメガソーラープロジェクト推進へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクに続いて、KDDIもメガソーラープロジェクトを推進することが明らかになりました。



〈お知らせ〉 メガソーラープロジェクトの推進について | 2013年 | KDDI株式会社

KDDIのプレスリリースによると、同社はクリーンかつ安全な再生可能エネルギーの普及・拡大による環境負荷軽減に貢献するため、国内3ヶ所の社有遊休地を活用したメガソーラープロジェクトを開始します。

これはKDDI小山ネットワークセンター (栃木県小山市)、KDDI八俣送信所 (茨城県古河市)、旧北浦受信所跡地 (茨城県行方市) の3か所の遊休地の一部を利用し、合計約17万6000平方メートルの敷地に太陽光発電設備を建設するというもの。

2013年秋以降に順次運用を開始し、年間約1万1000MWh (一般家庭約3100世帯分) を発電する予定で、発電した電力は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を利用して電力会社に販売するとしています。

メガソーラーについてはソフトバンクが先行しており、KDDIが追従した形になるわけですが、会員制食品宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」などを買収したNTTドコモなどを含め、通信事業者各社はさらなる他角経営化を進めていくようです。


・関連記事
災害時に重宝しそう、4~8km歩くことでiPhoneがフル充電できる靴の中敷き型充電器 | BUZZAP!(バザップ!)

太陽光発電でスマフォやタブレットが充電できるお店用パラソル | BUZZAP!(バザップ!)

電気代高騰に歯止めか、国内でメタンハイドレートからの天然ガス採取が実現へ | BUZZAP!(バザップ!)

「資源大国・日本」も、メタンハイドレートやレアアースに続いて石油や天然ガス埋蔵も調査へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加