渋谷の複数のクラブに警察が立ち入りとの情報

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by I-5 Design & Manufacture

渋谷の有名クラブSOUND MUSEUM VISONを始めとする複数のクラブに警察が立ち入ったとの情報がネット上に流れています。

Twitterなどの情報によると渋谷のSOUND MUSEUM VISONを始めclub asia、Lounge NEOなどの複数のクラブに警察が立ち入ったとのこと。摘発の入ったクラブ及び内容については現時点では不明ですが、現在では営業を再開している店舗もあるようです。

SOUND MUSEUM VISONに関しては出演中のFPMのTomoyuki Tanaka氏が以下のようにTweetしていますが、現在は再開している模様です。


渋谷では昨年9月、六本木のクラブ内で殺人事件の発生した後にもclub asia、club atom、HERLEM、LOUNGE NEO、Club Camelot、VUENOSなどに対し、一斉摘発が行われました。

渋谷、円山町のクラブが一斉摘発 BUZZAP!(バザップ!)

今回の立ち入りがどういった名目なのか、逮捕者の有無などは現状では明らかになっていません。参議院選挙告示後ということもあり、内容次第ではダンス規制に対する世論への影響も考えられます。

続報が入り次第追って掲載します。



踊ってはいけない国、日本 ---風営法問題と過剰規制される社会
磯部 涼
河出書房新社
売り上げランキング: 103,125


・関連記事
六本木の「脱法」クラブ、「Vanity」が風営法違反容疑で摘発 BUZZAP!(バザップ!)

渋谷区議会が風営法の「ダンス規制」の見直しを求める意見書を全会一致で採択 BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】5月17日にLet’s DANCEの風営法のダンス規制見直しを求める署名が国会提出へ、提出集会も開催 BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】東京で風営法改正に向けた「クラブとクラブカルチャーを守る会」が発足 BUZZAP!(バザップ!)

京都のクラブで風営法コメディ、笑の内閣「65歳からの風営法」観劇レポート BUZZAP!(バザップ!)

湘南の「海の家での音楽放送全面禁止」に見るクラブと近隣問題と風営法 BUZZAP!(バザップ!)

風営法問題を通して日本の音楽の未来について語るドキュメンタリー映画「SAVE THE CLUB NOON」がクラウドファンディングで制作、公開資金の募集へ BUZZAP!(バザップ!)

【朗報】風営法から「ダンス規制」の削除を求めるLet’s Dance署名が目標の10万筆達成 BUZZAP!(バザップ!)

風営法のパブリックコメントへの回答に見る警察庁のダンス規制へのスタンスと問題点 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加