米政府の機密情報を暴露した元CIAのスノーデン氏がノーベル平和賞候補に

このエントリーをはてなブックマークに追加



アメリカ合衆国の国家安全保障局(NSA)による個人情報の極秘取得を暴露し、現在ロシアへの亡命を希望している元CIA職員のエドワード・スノーデン氏がノーベル平和賞にノミネートされたことが明らかになりました。

ウメオ大学社会学教授Stefan Svallfors氏はノルウェー・ノーベル賞委員会に当てた書簡の中で「アメリカ合衆国が行う監視についての情報を暴露したことで世界をより平和にした」としてエドワード・スノーデン氏をノーベル平和賞にノミネートしました。Svallfors氏は

「スノーデン氏は個人の負担において英雄的な努力を行い、アメリカ合衆国政府が国内法と国際協定に違反して行なっていた監視の存在と広がりを明らかにした。この監視システムに光を当てることで、スノーデン氏は世界をより良きものに、そして安全にした。」

とのコメントを寄せています。ただし、2013年のノーベル賞候補の選出は既に終了しているため、来年のノミネートとなる可能性も高いようです。


なお、Svallfors氏は「ノルウェー・ノーベル賞委員会が2009年にオバマ大統領に対してノーベル平和賞を授与してしまったという失態をこれで挽回したい」とも述べています。

事の発端は2013年6月に香港で複数のメディアに対して国家安全保障局(NSA)がアメリカ合衆国を含む全世界でインターネットを傍受し、大量の個人情報を極秘裏に取得していたことを元CIA職員のスノーデン氏が暴露したこと。このニュースは瞬く間に世界中を震撼させました。

その中ではアメリカ合衆国が日本をはじめとした同盟国を含む38カ国の大使館に対しても盗聴が行われていたこと、Microsoftなどの大手IT企業や通信事業者が協力していたこと、中国などへのハッキングも明らかにされています。

この暴露を受け、アメリカ合衆国はスノーデン氏を指名手配、パスポートを失効させました。現在スノーデン氏はロシアのモスクワの空港の乗り換え区域に滞在しています。

Swedish professor nominates Snowden for Nobel Peace Prize The Daily Caller

すべては傍受されている―米国国家安全保障局の正体
ジェイムズ バムフォード
角川書店
売り上げランキング: 303,196

・関連記事
ヒトラーが破棄を命じた「演説の練習中の写真」が公開される BUZZAP!(バザップ!)

参議院選挙で誰に投票すべきか分かる毎日新聞のボートマッチサイト「えらぼーと」が秀逸 BUZZAP!(バザップ!)

最近話題になってる「レイシズム」って一体なに? BUZZAP!(バザップ!)

子供にしか見ることのできない児童虐待防止ポスターが秀逸 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加