日本を代表する企業各社の秘密資料が中国で大量流出、特許出願前の技術資料も

このエントリーをはてなブックマークに追加



トヨタ、ホンダといった自動車メーカーや三菱重工、日立、東芝などの総合電機メーカー、そしてパナソニックやソニーといった家電メーカーなど、日本を代表する各社の秘密資料が中国で大量流出していることが明らかになりました。



時事ドットコム:日本企業の社外秘資料、大量流出=中国の文書共有サイトに-大手軒並み被害

時事通信社の報道によると、文書や資料、データをインターネット上で共有できる中国の有力サイト「百度文庫」に日本企業の社外秘資料や内部文書が大量流出し、誰でも閲覧できる状態になっていることが明らかになったそうです。

「百度文庫」は自分の持つ文書や資料をアップロードすればポイントを獲得でき、そのポイントを使ってサイト内の文書・資料をダウンロードできるサイトで、ポイントに関係なく閲覧はできる仕組み。

百度文庫


流出は1~2年前から発生しており、トヨタ自動車やホンダ、東芝、日立製作所、パナソニック、ソニー、三菱重工業、キヤノンなどで、特許出願前の技術資料や日本の広告会社の顧客向けプロジェクト提案資料、組織図や苦情処理マニュアル、契約書といった「社外秘」「機密」と記された資料なども確認されたとのこと。

なお、経済産業省は問題意識を持って情報収集を進める意向を示したほか、日本貿易振興機構も本格調査を進めると共に、中国に進出した日本企業に情報管理の徹底を呼び掛けています。

面白いけど笑えない中国の話
竹田恒泰
ビジネス社
売り上げランキング: 171

・関連記事
シャープがIGZO技術を中国メーカーに供与へ、液晶パネルの共同生産も | BUZZAP!(バザップ!)

「日本に未来はない」という怪文書がAmazonで買った本に挟まれていた | BUZZAP!(バザップ!)

アメリカから安全保障上の脅威とされた「ZTE」日本法人の元社長が書類送検 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加