男が女よりも浮気や不倫に走りがちな原因が明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by dr33139

男性は女性に比べて、浮気や不倫といった禁じられた性的関係に陥りやすいという研究報告がなされました。「知ってた」という気もしますが、一体どういう理由なのでしょうか。

実験により、男性は女性と同様に性的誘惑に抵抗する能力を持っているにもかかわらず、女性よりも性欲が強いために性的関係に陥りやすいことが明らかになりました。

テキサス A&M大学のNatasha Tidwell氏とテキサス・オースティン大学のPaul Eastwick氏は男女が危険な性的関係に陥る度合いの違いを調べるために2つの実験を実施。

最初の実験は70人の男性と148人の女性からなる平均年齢32歳の218人のアメリカ人に対して実施されました。実験ではまず「性的関係を持ってはいけないと感じる相手に惹かれた経験」について描写するように求められます。

そして、その関係に対して(実際にことに至ったかは別として)どの程度強い欲求を感じたか、誘惑に抵抗するためにどんなことをしたのか、最終的にその欲求に対してどのように行動したのかなどを質問されます。

この結果、男性はより性的な誘惑に屈しやすいこと、それは性の違いに基づく性欲の強さの差であることが示されました。研究者によると「男女では自制心については差はない」とのこと。

Photo by dr33139

2つ目の実験では326人の男性と274人の女性に対して「パートナー選択ゲーム」が行われました。このゲームはコンピューターの前に座ると画面に魅力的な異性からそうでもない異性までの写真が次々と映し出され、それぞれの写真に対してコンピューターが自動的に「よい相手」か「悪い相手」のキャプションを表示します。

被験者は相手の写真とキャプションを見て、「よい相手」のキャプションの時にはレバーを手前に引き、「悪い相手」の時には奥に押します。研究者たちはレバーの方向を間違えたり、長い間躊躇した場合をチェックしました。

それによると、男性はこのゲームで女性よりも悪い結果しか残せませんでした。そして間違いの原因の多くは写真は魅力的だけれどキャプションが「悪い相手」(要するに、美人だけど手を出してはいけない相手)であったとのこと。女性に関しては同様の間違いははるかに少ないものでした。

研究者によると、このように男性が女性よりも「まずい」行いをするのは「魅力的な異性の誘惑に応えたいという強い性欲に襲われるからで、自制心の欠如からではない」とのこと。

Tidwell and Eastwick氏はこのことに関して、「人類の歴史において、短期間で労の少ない性的な相手と関係をもつことは男性にとって繁殖上非常に有益なことだったからなのではないか」と結論づけています。

確かに他の動物を見た時に、オスにとっては多くのメスと交わることがより多くの自分の子孫を残すことに繋がると考えれば人間の男性のこうした行動も理解できる面はあります。

もちろん、だからといって浮気や不倫をしていい理由にはなりませんが、単純に自制心不足と考えられるような浅い問題でもなさそうです。

(Photo by dr33139

Study Men Have Stronger Sex Impulses, Can't Resist Temptation

Men 'more likely to have affairs than women because they experience stronger sexual impulses' Mail Online

利己的な遺伝子 <増補新装版>
リチャード・ドーキンス
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 12,727

・関連記事
女性のオーガスムは脳にとってもいいんです!という驚きの研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

一夜限りの恋ならオモロイ男が勝つる!という研究結果 BUZZAP!(バザップ!)

友達やご近所さんよりもたくさんセックスすると幸せになれるという研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

おっぱいを揉むと乳がん予防になるという驚きの研究結果 BUZZAP!(バザップ!)

2030年には相手なしの電脳セックスで快楽を得られる社会が訪れる? BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加