残業代ゼロ・労働時間規制無し、解雇しやすい「夢のような特区」を政府が検討へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



経営者にとって夢のような特区ができることが明らかになりました。

朝日新聞デジタル:「解雇しやすい特区」検討 秋の臨時国会に法案提出へ - 政治

朝日新聞社の報道によると、政府は企業が従業員を解雇しやすい「特区」を作る検討に入り、秋の臨時国会に出す国家戦略特区関連法案に盛り込むそうです。

これは安倍政権がすすめる「成長戦略」の柱の1つで、労働時間を規制せず、残業代をゼロにすることも認めるなど、働かせ方の自由度を広げてベンチャーの起業や海外企業の進出を促す狙いとのこと。

なお、特区で導入する解雇ルールや労働時間規制は、特区内にある開業5年以内の事業所や、外国人労働者が3割以上いる事業所が対象とされています。

管理職や専門職、裁量労働に従事する者を含むホワイトカラーなど、一定の類型の業務に従事する従業員に対して役職手当などを付与することで労働時間の規制を適用除外とする「ホワイトカラー・エグゼンプション」の再来とも言える今回の施策。

簡単に解雇されるようになった労働者へのケアが無ければバランスを欠くと思われますが、何らかの救済策は検討されるのでしょうか。

・関連記事
「立ったままデスクワーク」を2年間続けるとどうなるのか、実際に試した猛者が現れる | BUZZAP!(バザップ!)

ブラック企業の社名公表も、正社員を年間20万人増やす雇用対策が検討中 | BUZZAP!(バザップ!)

暮らしは楽になるのか、「給料を上げると法人税が下がる」制度を政府が導入へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加