非実在幼女スウィーティ(10歳)によって既に1000人もの幼児性愛者が特定され、インターポールに通報されている

このエントリーをはてなブックマークに追加



オランダの子供の人権団体が作成した架空のフィリピン人の10歳の少女によって世界各国で合計1000人もの幼児性愛者が特定され、通報されていることが明らかにされました。

子供の人権を守ることを趣旨として活動する人権団体Terre des Hommesのオランダ支部によって作成された架空のフィリピン人の10歳の少女スウィーティ。彼女の力によって2ヶ月半の間に世界中から2万人の幼児性愛者が網にかかり、そのうち71カ国1000人が特定された上インターポールに通報されていたことが分かりました。


Terre des Hommesのメンバーはまるで本物のフィリピン人の10歳の女の子のように見えるアバターをオンライン上に作成。とあるビデオチャットルームに入りました。そうしたところ、あっという間に幼児性愛者たちが殺到。


「ログインした途端にメッセージが殺到して身動きが取れなくなるほどだった。すぐに介入しなかったら完全に制御不能になっていたほどだった」とプロジェクトディレクターのHans Guytさんは語っています。

先進国の男性が途上国の子供に対して行うウェブカムを使用した性的なビデオチャットは現在家内工業的に運営されており、どうにかこの時点でやめさせなければならないとGuytさんは指摘します。児童ポルノは現在犯罪組織の巨大産業になっており、同様の最悪のシナリオが繰り返される可能性を危惧しているとのこと。

実際に動いているスウィーティちゃんの映像は以下の動画から確認できます。これで幼児性愛者たちを釣れたということは不気味の谷を超えるクオリティを獲得したと見ることもできそうです。

[FULL] Computer-generated child snares thousands of paedophiles - YouTube


Guytさんによれば、Terre des Hommesは基本的な調査技術を使用しただけでハッキングは行っていませんでしたが、71カ国から1000人の身元を割り出しており、こうした幼児性愛者の特定は難しくありません。

ちなみにこの調査で特定された1000人のうち、最も多かったのはアメリカ合衆国の254人、次いでイギリスの110人、インドの103人となっています。特定された場合に告訴されるかはまだ分かりません。


非実在幼女に対する性的なビデオチャットの要求がどのような犯罪に分類されるのか、議論の余地のあるところではありますが、実在の10歳であると考えて要求したのであれば幼児性愛と認定されることにはなりそうです。

日本の二次元の幼女はどう見ても実在の10歳には見えないので別のくくりになるかもしれません。リアルとネットの境界について、さらにあやふやになりそうです。

Terre des Hommes creates CGI girl called Sweetie to entice child porn predators Mail Online

・関連記事
現在も人類の3000万人が奴隷状態であることが明らかに、インド、中国、パキスタンが最悪 BUZZAP!(バザップ!)

オンライン人口の多さで世界各国を表し、世界地図を描くとこうなる BUZZAP!(バザップ!)

世界各国それぞれのNo.1のジャンルを網羅したマップが意外性に溢れている BUZZAP!(バザップ!)

大麻合法化の支持がアメリカで引き続き爆増中、昨年から10%上昇して58%に BUZZAP!(バザップ!)

絶滅危惧種のクロサイを救うために「クロサイを1頭ハントする権利」がオークションに BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加