完全に妖精、手のひらサイズの超レア種のヒメアルマジロがかわゆすぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加



アルゼンチンの砂漠には手のひらに乗るほど小さな、ピンク色のかわゆいアルマジロが生息しています。フェアリーの名前のとおり生態はほぼ謎に包まれています。

世界最小のアルマジロ、ヒメアルマジロは英語ではピンクフェアリーアルマジロといいます。名前の通りピンク色で手のひらに乗るほど小さく、体重も100g程しかありません。


アルゼンチンの乾いた砂漠地帯にしか住んでおらず、一生の殆どを地中で過ごします。ピンク色の外殻には多くの血管が通っており、そのためピンク色に見えるとのこと。それ以外の部分はまっ白でふわっふわの細かい体毛に覆われています。


このヒメアルマジロ、あまりにも発見しにくいため、希少種なのか、絶滅危惧種なのか、それとも単に恐ろしく見つけにくいだけなのかも分かっていない状態でした。

今回研究者たちは赤外線カメラで野生のヒメアルマジロの生態を確認。これまで砂の中を泳ぐように移動していると考えられてきましたが、実際は砂を掘っては後ろ向きに穴に潜り、この平らなお尻でペタペタと固めて巣穴を作っていたとのことです。


ピンクでふわっふわな上に平らなお尻で砂を固めるとかもう、見た目から全ての挙動があまりにも可愛すぎます。妖精以外の何ものでもありません。

こちらが希少な動画。この時点ではまだ砂の中を泳ぐと考えられています。

Bizarre Animal - Pink Fairy Armadillo - YouTube


ぜひもっとこの妖精を見てみたい気もしますが、そっとしておきたくもあり悩ましいところですね。

Pink armadillos ain’t your Texas critters Science News

オオアルマジロ No.5192
オオアルマジロ No.5192
posted with amazlet at 13.11.13
HANSA (2011-08-01)
売り上げランキング: 95,715



・関連記事
海中を泳ぐリュウグウノツカイを世界で初めて撮影した映像 BUZZAP!(バザップ!)

カモノハシが人間に慣れてじゃれつきまくる貴重な映像 BUZZAP!(バザップ!)

猫の目からは実は世界はこう見えている BUZZAP!(バザップ!)

チェルノブイリの立ち入り禁止区域の動物たちの現在 BUZZAP!(バザップ!)

完全にマンガ!「友達の猫を驚かせようとした猫が逆に驚かされる動画」に萌えキュン死!! BUZZAP!(バザップ!)

イルカは高い知性とモラルを持つ平和的な動物では「ない」という調査結果 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加