現実とは思えない、逆光で撮影された土星と内惑星の超精密画像をNASAが公開

このエントリーをはてなブックマークに追加



麦わら帽子のツバのような巨大なリングを持つ土星。この星を影に入り、逆光で撮影した写真がNASAによって公開されています。現実の光景とは思えない、宇宙の神秘を肌で感じさせる光景です。

BUZZAP!では先日土星の北極の六角形の超巨大台風についてお伝えしましたが、今度は土星の影からの画像が届きました。

この画像は2013年7月19日に土星探査機カッシーニによって撮影されたもの。土星の影に入ったカッシーニは太陽の方向を向き、土星の夜の領域とリング、7つの衛星と地球、火星、金星といった内惑星を撮影しました。

地球で言えばちょうど日食のような状態になっており、強力な太陽光線が遮られることでこのような画像を撮影することができました。土星のリングは太陽光線を反射して光り、土星の影と重なり合って息を飲むような模様を描いています。なお、この画像は外部太陽系から地球を撮影した3度目のものだとのこと。

(クリックして拡大)


カッシーニは4時間をかけて323枚の画像を撮影し、そのうち141枚をモザイク状につなぎ合わせることでこの画像を作成しています。画像は赤、青、緑のスペクトルフィルタを使用しており、天然色となっているとのこと。ちなみに画像の端から端までは65万1591kmにも及びます。

以下のイメージは内惑星の位置を示したもの。金星、火星、地球と月が写っています。地球と月は近すぎてひとつの点にしか見えません。

(クリックして拡大)

こちらは惑星に加えて土星の衛星やリングの部位の名前を示してあります。

(クリックして拡大)

あまりの美しさと人間をはるかに超えたスケールの巨大さにただただ呆然です。今後どんな画像を見ることになるのでしょうか。


惑星
惑星
posted with amazlet at 13.10.22
冨田勲
BMG JAPAN (2007-10-24)
売り上げランキング: 613



・関連記事
土星の北極に30年以上存在し続ける、地球の倍の直径を持つ超巨大な六角形の台風 BUZZAP!(バザップ!)

土星の輪と衛星が踊り狂うスタイリッシュな映像作品「Around Saturn」 BUZZAP!(バザップ!)

あまりに黙示録的、月が国際宇宙ステーションと同じ距離を回っていたらこう見える BUZZAP!(バザップ!)

ハッブル宇宙望遠鏡が2012年に捉えた壮大な宇宙の画像 BUZZAP!(バザップ!)

太陽の3年間の活動を3分に縮めたNASAの動画が息を呑む美しさ BUZZAP!(バザップ!)

火星探査機キュリオシティの9ヶ月の活動を60秒に縮めたタイムラプスムービー BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加