iPhoneの国内シェアが76%に拡大、NTTドコモでは61%を占める

このエントリーをはてなブックマークに追加



大手3社がiPhoneの発売に踏み切った結果、なんと「4台に3台がiPhone」という事態になったことが明らかになりました。詳細は以下から。

Twitter / KWP_ComTech: KWP ComTech Japan: #Apple takes ...


調査会社カンターの日本法人によると、2013年10月に販売されたスマートフォンのうち、実に76%をiPhoneが占め、NTTドコモユーザーの61%がiPhoneを購入したそうです。

61%という数字はそこまで多くないように見えるものの、2013年10月時点での携帯各社の加入者数はNTTドコモが6180万9100、KDDIが3920万4100、ソフトバンクモバイルが3429万4900で、ドコモ1強が続いていることを考えると、台数ベースではなかなかの数字ということになります。

しかし世界市場でのAndroidのシェアが8割を超える中、単月とはいえiPhoneのシェアが8割近くまで膨れ上がる日本国内の現状は、独自の進化を遂げ、海外メーカーが参入する余地の無い「ガラパゴス」と呼ばれたフィーチャーフォン時代を思い起こさせなくもありません。

・関連記事
なんとiOSがApple以外のスマートフォンで動作可能に | BUZZAP!(バザップ!)

ついにiPadが失速、タブレット市場でもAndroid優勢に | BUZZAP!(バザップ!)

Androidのシェアが初の8割突破、ただし日本ではトップ10をiPhoneが独占 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加