ウルグアイのムヒカ大統領、大麻合法化の功績でノーベル平和賞候補に

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日エドワード・スノーデン氏がノーベル平和賞にノミネートされたことが話題となりましたが、今度は世界初の大麻完全合法化を成し遂げたウルグアイのムヒカ大統領にノーベル平和賞ノミネートのニュースが飛び込んできました。

先日BUZZAP!でもウルグアイでの世界ではじめての大麻の使用、生産、販売の合法化のニュース、およびこの決断を下したムヒカ大統領について掲載していましたが、ハフィントン・ポスト紙を始めとする複数の報道機関によると、ムヒカ大統領が2014年のノーベル平和賞にノミネートされたとのこと。

ノミネートはウルグアイの左翼政党Frente AmplioとドイツのNGO組織、さらにはオランダのNGODrugs Peace Instituteによるもので、推薦理由は「ウルグアイ大統領としての大麻の生産と販売を含む先進的な合法化政策」とのこと。

ムヒカ大統領は先週ハバナで行われたラテンアメリカ首脳会談においてこのノミネートに対して



「彼らがこの賞へのノミネートという栄誉を授けてくれたことに感謝しています。私たちはただ、抑圧という道が機能しなかったために別の道を試してみようと提唱しているだけなのです。うまくいくかは分かりません。

私たちは支援と、科学的な精神、そして依存症がなくなるのはよいことだということへの理解を求めます。私たちの努力は大麻の先にあります。私たちはドラッグの運搬に狙いを定めています」







Drugs Peace Instituteはノミネートの理由をこの大麻合法化に加え、ムヒカ大統領が左翼武装ゲリラとして活動しており、14年の投獄の後に政治家として選出され、大統領になったことも挙げています。

「苦渋に満たされて暴力的な復讐を試みるのではなく、彼は真の民主主義者となり、ウルグアイの大統領となった」と推薦の書簡には記されています。

もし「大麻の合法化」「平和」をもたらしたとしてノーベル賞を受賞されたとなれば、アメリカ合衆国を始めとした世界の大麻事情はさらなる大きな変化を遂げることになりそうです。

Weed-Legalizing President Nominated For Nobel Peace Prize

Uruguay’s president nominated for Nobel Peace Prize for legalizing marijuana  RT News

Legalize It
Legalize It
posted with amazlet at 13.10.23
Peter Tosh
Sony (1999-07-08)
売り上げランキング: 296,162

ビバ!ウルグァイ―ワールドカップを制した人口三〇〇万人の小国
井上 忠恕 後藤 信男
STEP
売り上げランキング: 878,674


・関連記事
「世界一貧しい」だけじゃない、ウルグアイのムヒカ大統領の素顔 BUZZAP!(バザップ!)

ウルグアイが世界で始めて大麻の使用、生産、売買を合法化へ BUZZAP!(バザップ!)

オバマ大統領が「大麻が酒よりも危険だとは考えない」とインタビューで回答 BUZZAP!(バザップ!)

「我々は農民であり、ヤクの売人ではない」世界初のマリファナ大学が来たる2000億円産業の担い手たちを育成中 BUZZAP!(バザップ!)

Bjork(ビョーク)やSigur Ros(シガー・ロス)を生んだアイスランドの首都のとんでもなく型破りな市長 BUZZAP!(バザップ!)

これがホントの貧困ビジネス!?安全、快適に貧困層体験ができるスラム街がテーマの高級リゾート「Shanty Town」 BUZZAP!(バザップ!)

史上最悪の近親相姦カルトがオーストラリアで摘発される BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加