東芝の最先端フラッシュメモリ技術を転職先の韓国企業に流出させた技術者が逮捕へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



海外企業への技術流出が叫ばれて久しい昨今ですが、ついに技術者が逮捕される事態となりました。

東芝技術海外流出で逮捕状…提携先元技術者に : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

読売新聞社の報道によると、「NAND型フラッシュメモリ」の最新技術を流出させたとして、不正競争防止法違反(営業秘密開示)容疑で福岡県在住の50代の男に逮捕状が取られたそうです。

これは東芝とフラッシュメモリー製造事業で提携する半導体メーカーの社員だった男が、三重県にある東芝の「四日市工場」で、営業秘密にあたるメモリの大容量化に必要な最新の研究データをコピーし、転職先の韓国半導体大手「SKハイニックス」に提供した疑いによるもの。

NAND型フラッシュメモリが採用されている各種製品。SSDやSDメモリカード、携帯電話などの各種製品の記録媒体として、今や無くてはならない存在です。


なお、東芝は世界で初めてフラッシュメモリを開発した企業であるほか、同社の四日市工場はメモリカード世界シェア1位のサンディスクと共同で運営。まさに最先端の研究開発および生産拠点という位置付けです。

このような最先端情報技術の海外不正流出が刑事事件に発展するのは初めてで、近く強制捜査に乗り出すとされています。

・関連記事
日本を代表する企業各社の秘密資料が中国で大量流出、特許出願前の技術資料も | BUZZAP!(バザップ!)

企業の成長を妨げる「特許ゴロ(パテントトロール)」を防ぐ法案が成立 | BUZZAP!(バザップ!)

有機ELテレビ製造技術を盗んだ疑いでSamsungが家宅捜索を受ける | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加