ソフトバンクがロボット事業参入へ、日経が盛大なネタバレ

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日13時からソフトバンクが開催する記者発表会の内容が盛大にネタバレされました。「私は、25年間この日が来ることを夢見て来ました」と孫正義氏が述べ、否応なしに期待が高まっていましたが、徹底的なバレっぷりです。

ソフトバンク、ロボット事業参入 まず接客用  :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道によると、ソフトバンクはロボット事業に参入するそうです。

これは半導体の処理能力向上やセンサー技術の高度化、高速通信の普及でロボットの事業化が可能と判断したことを受けたもので、今夏をメドに一部の携帯電話販売店に設置し、人と高度なやり取りができるようノウハウを積み、家庭向けロボットとして商品化する見通しとのこと。

家庭では介護分野などでの活用を検討するとみられ、2012年にはヒト型ロボット「NAO(ナオ)」を開発した仏ベンチャーのアルデバラン・ロボティクス社に出資。ロボット事業を手がける会社も設立し、市場調査などを進めていたとされています。

そんなソフトバンクの発表会の様子は以下のリンクからチェックできます。

ソフトバンクグループ発表会 | モバイル | ソフトバンク


Tモバイル買収合意へ ソフトバンク傘下の米携帯  :日本経済新聞

なお、ソフトバンク傘下のスプリントによるT-mobile USの買収についても今夏にも合意に達する可能性があること現地で報じられており、買収価格は1株あたり40ドル前後。買収金額は約500億ドル(約5兆1000億円)になる見込みだそうです。

・関連記事
ソフトバンクの「通信速度1位」のカラクリが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

【通信速度比較】auの2014年夏モデルを自称最速のソフトバンクと比較、WiMAX 2+とキャリアアグリゲーションの実力が判明 | BUZZAP!(バザップ!)

最後に笑うのはドコモか、ソフトバンクも完全通話定額を6月中に導入へ | BUZZAP!(バザップ!)

圧倒的なエリアと転送量無制限、モバイルルーターの最高峰「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14」を1ヶ月間使ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加