「穴の開いたコンドーム」発言を隠蔽した新城市議会、今度は告発できないルールを策定へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



少子化対策に「穴の開いたコンドームを配ってはどうか」との発言が問題となり、その後この発現を議事録から削除するという斜め上の対応を行って話題となった新城市議会がさらに議員の発信を制限するという信じられないルールをつくろうとしていることが明らかになりました。

愛知県新城市の長田共永市議は6月の本会議で少子化対策として「婚姻届を頂いた方には来年の市制10周年の年に合わせて子どもを産んでもらうために、穴の開いたコンドームを配ったり、出産祝い金の代わりに(精力がつくとされる地元名産の)自然薯を送ったりしてはどうか」などと発言。

この発言を浅尾洋平市議が問題視し、7月14日に自らのブログで取り上げたことから市民から電話などで批判が寄せられていました。

浅尾洋平の日々こつこつと。:新城市本会議での品位に欠ける恥ずべき発言に関する申し入れ

夏目勝吾議長は16日に長田市議に厳重注意した上で当該発言を議事録から削除することを決めました。この内容が7月18日に報道各社から報じられると発言への批判はもとより、都合の悪い発言を議事録から削除するという隠蔽工作に対し更なる批判が巻き起こりました。

「穴の開いた避妊具配っては」…新城市議が発言 社会 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

新城市議 「穴の開いた避妊具配ったら」少子化対策で発言 - 毎日新聞


ここからの対応が全く理解に苦しむものとなります。新城市議会は23日に全員協議会を開催。なぜかここで浅尾市議がブログで長田氏の「穴の開いたコンドーム」発言を取り上げたことを「議会軽視だ」と問題視した上で、なんと議員の情報発信を制限するルールを作るとの方針を決めてしまいました。

議員の情報発信を制限へ 新城市議会「ルールつくる」 社会面 朝夕刊 中日新聞プラス

問題となった発言は元々議事録にも掲載されていた本会議での発言であり、有権者にはもともと開示されいて然るべきものです。その内容を問題視してブログで発信することにも何ら問題はありません。

これに対し、議員自らの発信に制限をかけるルール作りは常識はずれであるばかりでなく、各議員を選出した有権者への裏切りとも呼べるもの。隠蔽体質とされても反論できるものではありません。

なお、このルール策定には本件を告発した浅尾市議以外の17人の市議全員が賛成多数で申し合わせています。

議員紹介(議員名簿) - 新城市

新・必携地方政治 これだけは知っておきたい

新日本出版社
売り上げランキング: 158,987

・関連記事
「危険ドラッグ」が脱法ドラッグの新呼称に決定 BUZZAP!(バザップ!)

消費増税で浮上した「GDPマイナス7%」はどれだけヤバイのか BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】自らの女性器の3Dプリンタ用造形データを配布したアーティストのろくでなし子さんが逮捕、釈放を求める署名活動も BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】AKB48の出演する自衛隊のCMが登場、集団的自衛権行使容認の閣議決定と同日に公開 BUZZAP!(バザップ!)

まとめブログ・保守速報がヤジ被害の塩村文夏議員に「公費でホストクラブ」と悪質なデマ→議員当選以前の仕事上の写真でした BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加