au回線で格安MVNOを推進する「KDDIバリューイネイブラー(KVE)」設立、KDDIの低価格ブランドとしても展開へ



au回線を使った初のMVNOサービス「mineo(マイネオ)」が好調な滑り出しを見せる中、KDDIがさらにMVNOサービスを推進するための会社「KDDIバリューイネイブラー株式会社」を立ち上げました。

新会社「KDDIバリューイネイブラー株式会社」の設立について | 2014年 | KDDI株式会社

KDDIはのプレスリリースによると、同社はMVNO事業を推進する新会社「KDDIバリューイネイブラー株式会社(KVE)」を設立したそうです。

これはさまざまなパートナー企業がKDDIに対し、モバイルサービスをより柔軟に販売できるモデルの提供を要望したことを受けたもの。

事業概念図。KVE自体がMVNOとなり、さまざまなパートナーと連携して、相手先のブランドでサービスを提供するという内容。KVEとして単独での展開も視野に入っており、auに続くモバイルのブランドとしても機能することになるとみられます。


市場がにわかに盛り上がりを見せていることを受け、参入を希望する企業が増える一方で、企業側に明確なビジョンやノウハウなどが無いことから、空回りしてしまうケースも多いMVNO事業。

しかしベースとなるMVNOの運用をKVEが担当するのであれば、ノウハウが無いパートナーでも参入が容易になるため、今後さらなるMVNOの普及が期待できそうです。

・関連記事
【まとめ】地方で格安MVNO「mineo」は使えるのか、au 4G LTEのエリアを四国旅行でテストしてみた | BUZZAP!(バザップ!)

Xperia ZL2本体と3GBプランが月額4500円、安さだけじゃないMVNO「mineo(マイネオ)」新プランまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

人口カバー率99%の「au 4G LTE」を海の上で使えるか試してみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング