大麻で夫婦円満?大麻愛好家の夫婦はDVが少ないことが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by ashton

アメリカ合衆国では医療分野での活用が進む大麻ですが、DVという深刻な社会問題にも効果があるという研究報告がなされました。詳細は以下から。

医療大麻の有効性は最早説明するまでもないほど認知されてきましたが、レクリエーショナルな大麻の使用がドメスティックバイオレンス(DV)という、家庭を襲う深刻な社会問題に対しても有効であるとする研究報告が行われています。

イェール大学精神医学部のPhilip H Smith博士らは大麻の使用とドメスティックバイオレンスの関連性を調査。634カップルに対し大麻の使用の有無と、結婚から最初の9年間における双方からのDVの有無を調べました。その際に配偶者の半社会的な振る舞い、大麻使用、結婚前年におけるDVの有無などによって彼らの社会的節度を試験しました。

その結果として、夫婦で大麻を使用しているカップルは夫からのDVが少なくなり、夫が大麻を使用しているカップルでは妻からのDVが少なくなるという結果になりました。なお、最もどちらからのDVも少なかったのは「夫婦ともに頻繁に大麻を使用している大麻愛好家カップル」であるという結果になりました。

なお「結婚前からDVの傾向が見られた女性」に限っては、妻が大麻を使用していると妻からのDVが増加しています。

Smith博士らは「夫婦における大麻の使用はドメスティックバイオレンスの発生と負の相関関係にある」と結論づけています。

レクリエーション用の大麻は単なる嗜好品と考えられてきましたが、DVという社会問題の解決に対しての有効な「薬」になるとも言えそうです。

Couples' Marijuana Use Is Inversely Rel... [Psychol Addict Behav. 2014] - PubMed - NCBI

(Photo by ashton

・関連記事
NYタイムズが大麻禁止の連邦法の撤廃を求める社説を掲載、世界中で大反響に BUZZAP!(バザップ!)

広がる大麻ビジネス、7月にワシントン州で発売される「マリファナコーヒー」の見せる展望とは BUZZAP!(バザップ!)

「我々は農民であり、ヤクの売人ではない」世界初のマリファナ大学が来たる2000億円産業の担い手たちを育成中 BUZZAP!(バザップ!)

大麻が次世代のダイエットや糖尿病予防の薬になるかもしれないという研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

オバマ大統領が「大麻が酒よりも危険だとは考えない」とインタビューで回答 BUZZAP!(バザップ!)

【再掲】脱法ハーブがマリファナよりも危険であると言われる理由とは? BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加