シャープの次世代ディスプレイ「MEMS-IGZO」がタブレット向けに製品化、超高画質・低消費電力を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加



シャープの次世代ディスプレイ「MEMS-IGZO」を採用したタブレットが「CEATEC JAPAN 2014」に展示されました。

IGZO液晶自体、画質や低消費電力に定評がありましたが、「MEMS-IGZO」はどれほどのものなのでしょうか。

シャープブースに展示されていた「MEMS-IGZO」ディスプレイの概要。外でも見やすく、色彩豊かなのがポイントです。



まず理解しておきたいのが、MEMS-IGZOディスプレイでは「画素1つ1つにMEMSシャッターを備えている」という部分。カラーフィルターや偏光板を利用していないため、バックライトを液晶ディスプレイ比2~3倍という高効率で利用できます。


さらに白黒モードではMEMSシャッターの駆動速度を落とすことで、さらに低消費電力化を実現。


その結果、外でも見やすい高輝度表示や、低消費電力での白黒表示が可能になります。



動画で見るとそのすごさが分かるかもしれません。

日差しが強くてもハッキリ見えるMEMS-IGZOディスプレイ - YouTube


高速切り替えと超省電力を実現したMEMS-IGZOディスプレイ - YouTube


さらにカラーフィルターを通さず、RGBバックライトを活用することで、NTSC比120%という高色純度・高色再現性を実現しています。


そして今回展示されたのが、MEMS-IGZOディスプレイ搭載の7インチ(1280×800)タブレット。LTE通信や音声通話に対応し、防水設計が施されたモデルで、まずは法人向けに提供される予定。画素1つ1つにシャッターを搭載する構造であるため、高解像度化には時間がかかるようです。


視認性に優れた高輝度モード、鮮やかな色彩の高色再現モード、消費電力をさらに引き下げたグレースケール/白黒表示モードをニーズに合わせて切り替えて利用できます。


実際の表示例はこんな感じ。




実機動画。非常に色鮮やかで明るいのがMEMS-IGZOディスプレイです。

世界初のMEMS-IGZOディスプレイ搭載タブレット - YouTube

・関連記事
国内最大の家電見本市「CEATEC JAPAN 2014」記事まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

フレームレスな高性能スマホ「AQUOS CRYSTAL X」実機レビュー、ソフトバンク独占モデルに | BUZZAP!(バザップ!)

次世代の「MEMSディスプレイ」をシャープが開発中、「Mebius Pad」も発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加