危険ドラッグ規制強化へ改革案、成分分析なしで禁止も

このエントリーをはてなブックマークに追加



人間に幻覚や興奮作用を及ぼす恐れのある薬物を成分にかかわらず「危険薬物」とみなして製造や販売を禁止する薬事法改正案が提出されました。詳細は以下から。

民主党と維新の党など野党8党は「指定薬物」ではなくとも、人間に幻覚作用や興奮作用などを及ぼす恐れのある物質を「危険薬物」として規制の対象とし、製造や販売の中止命令が出せるとする薬事法改正案を提出しました。

危険ドラッグの成分を「指定薬物」として規制しても、次々と新たな成分を用いた別の危険ドラッグが矢継ぎ早に開発されて流通するといういたちごっこが業者と警察の間で続いており、規制が追いつかない現実があります。

現在の薬事法は化学物質の構造に基づいて予め指定された薬物のみを規制対象としており、それ以外の危険ドラッグは「無承認医薬品」としてしか取り扱いできていませんでした。

現在いたちごっこの結果、これまで全く臨床試験もされたことのない化学物質が危険ドラッグとして市場に出回っており、さらには販売者や使用者もどの化学物質を用いているか分からず、医療機関でも満足に対応できないという事態も招いています。

この改正案は化学物質そのものではなく、その働きに着目して規制するという意味でこれまでとは規制方法が大きく変わることになります。

危険ドラッグ規制強化の改正案提出 NHKニュース

野党が危険ドラッグ法案提出 成分特定せず規制 - 47NEWS(よんななニュース)

危険ドラッグ 野党8党、禁止法案提出へ - 毎日新聞


危険ドラッグがなぜ危険かについては以前BUZZAP!でも記事を掲載しております。詳細は以下リンクから。

【再掲】脱法ハーブがマリファナよりも危険であると言われる理由とは? BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
「危険ドラッグ」が脱法ドラッグの新呼称に決定 BUZZAP!(バザップ!)

【再掲】脱法ハーブがマリファナよりも危険であると言われる理由とは? BUZZAP!(バザップ!)

NYタイムズが大麻禁止の連邦法の撤廃を求める社説を掲載、世界中で大反響に BUZZAP!(バザップ!)

大麻が覚醒剤などのハードドラッグへ依存症を治癒させるかもしれないという研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

大麻で夫婦円満?大麻愛好家の夫婦はDVが少ないことが明らかに BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会の人気記事

  1. NHK契約逃れは「未収分を含め」割増金徴収へ、放送法改正案が閣議決定
  2. 「NHK視聴できないテレビだろうと受信料を払え」NHKが逆転勝訴
  3. 【リコール偽造署名問題】「維新が組織としてこのリコール運動に関与したことはありません」維新・音喜多議員の発言から実態をファクトチェックしてみました
  4. 【リコール偽造署名問題】リコールの会事務局長の田中孝博元愛知県議が「維新の会選挙区支部長」を辞任、内部調査開始からわずか1日で→党員も辞めると松井代表
  5. 「署名偽造バイトの発注書返せ」リコールの会事務局幹部が執拗に要求していたことが判明、同一拇印も10万筆以上発覚

社会に関連した楽天商品ランキング