本日3カ所目、アラスカ州でもレクリエーション目的の大麻が合法化

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by muyuy74

ワシントンDC、オレゴン州に続きアラスカ州でもレクリエーション目的の大麻が合法化されました。

アメリカ合衆国で中間選挙と共に一部の洲で行われている大麻の合法化をめぐる住民投票でワシントンDC、オレゴン州が合法化されたことは既にお伝えしましたが、アラスカ洲も本日大麻が合法化となりました。

Alaska Becomes Fourth State To Legalize Recreational Marijuana

アラスカ州ではオレゴン州と同様に大麻の所持、栽培の他に売買も合法化されます。21歳以上の成人に対し、1オンス(約28g)の所持と6本までの栽培が個人使用向けに認められている他、大麻の喫煙具などの所持、売買、製造も認められます。

1日のうちに首都と2つの州で行われた大麻の合法化。今後の大麻の合法化に大きなはずみとなりそうです。

アメリカ合衆国の首都ワシントンDCで大麻が合法化、賛成票はダブルスコアの69% BUZZAP!(バザップ!)

オレゴン州でレクリエーション目的の大麻が合法化 BUZZAP!(バザップ!)

Where Marijuana Legalization Votes Are Happening Nov. 4 TIME

世界の雑記帳 米ワシントンDCと2州、マリフアナ合法化の是非問う住民投票へ - 毎日新聞

グラス - マリファナvsアメリカの60年 [DVD]
ナウオンメディア(株) (2007-05-25)
売り上げランキング: 86197

大麻ヒステリー (光文社新書)
武田 邦彦
光文社
売り上げランキング: 12321

・関連記事
NYタイムズが大麻禁止の連邦法の撤廃を求める社説を掲載、世界中で大反響に BUZZAP!(バザップ!)

大麻で夫婦円満?大麻愛好家の夫婦はDVが少ないことが明らかに BUZZAP!(バザップ!)

大麻が覚醒剤などのハードドラッグへ依存症を治癒させるかもしれないという研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

オバマ政権が「大麻の規制分類を議会が変更したいと考えるなら喜んで協力する」と表明 BUZZAP!(バザップ!)

オバマ大統領が「大麻が酒よりも危険だとは考えない」とインタビューで回答 BUZZAP!(バザップ!)

「我々は農民であり、ヤクの売人ではない」世界初のマリファナ大学が来たる2000億円産業の担い手たちを育成中 BUZZAP!(バザップ!)

大麻が次世代のダイエットや糖尿病予防の薬になるかもしれないという研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

【再掲】脱法ハーブがマリファナよりも危険であると言われる理由とは? BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加