アメリカ合衆国の首都ワシントンDCで大麻が合法化、賛成票はダブルスコアの69%

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by muyuy74

アメリカ合衆国で中間選挙と共に一部の洲で行われている大麻の合法化をめぐる住民投票。首都のワシントンDCではダブルスコアで合法化が決定しました。

オバマ政権の行く末に大きな影響を与えるアメリカ合衆国の上下院議員や州知事を選ぶ中間選挙。日本でも注目されていますが、同時にワシントンDC、アラスカ州、オレゴン州、フロリダ州では大麻合法化を巡る住民投票が行われました。

オレゴン州でレクリエーション目的の大麻が合法化 BUZZAP!(バザップ!)

ワシントンDCではこの投票で賛成票が反対票の2倍以上に当たる69.1%を獲得して大麻の合法化が決定。ただし、今回の合法化に関するIn発議、itiative 71は21歳以上の大人に寄る個人使用目的での2オンス(約56g)までの大麻の所持と6本までの大麻草の栽培、及び無償での譲渡を認めていますが、昨年コロラド州、ワシントン州で認められたような大麻の売買は認められていません。

Washington, D.C., Maryland and Virginia Election Results

ただし、連邦法では以前大麻は非合法であるため、連邦政府の直轄地などでの所持は違法となる可能性もあるとのことで、どのような運用となるかが注目されます。

District of Columbia Election Results 2014 - NYTimes.com

世界の雑記帳 米ワシントンDCと2州、マリフアナ合法化の是非問う住民投票へ - 毎日新聞

グラス - マリファナvsアメリカの60年 [DVD]
ナウオンメディア(株) (2007-05-25)
売り上げランキング: 86197

大麻ヒステリー (光文社新書)
武田 邦彦
光文社
売り上げランキング: 12321

・関連記事
オレゴン州でレクリエーション目的の大麻が合法化 BUZZAP!(バザップ!)

NYタイムズが大麻禁止の連邦法の撤廃を求める社説を掲載、世界中で大反響に BUZZAP!(バザップ!)

大麻で夫婦円満?大麻愛好家の夫婦はDVが少ないことが明らかに BUZZAP!(バザップ!)

大麻が覚醒剤などのハードドラッグへ依存症を治癒させるかもしれないという研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

オバマ政権が「大麻の規制分類を議会が変更したいと考えるなら喜んで協力する」と表明 BUZZAP!(バザップ!)

オバマ大統領が「大麻が酒よりも危険だとは考えない」とインタビューで回答 BUZZAP!(バザップ!)

「我々は農民であり、ヤクの売人ではない」世界初のマリファナ大学が来たる2000億円産業の担い手たちを育成中 BUZZAP!(バザップ!)

大麻が次世代のダイエットや糖尿病予防の薬になるかもしれないという研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

【再掲】脱法ハーブがマリファナよりも危険であると言われる理由とは? BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加