【追記あり】日本初、渋谷区が同性カップルに「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行する条例案提出へ、世田谷区でも検討中

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Eric Wagner

日本全国に先駆けて東京都渋谷区で、同性同士をパートナーであると認める証明書を発行する条例案が提出される見込みです。詳細は以下から。

東京都渋谷区では3月の区議会に同性のカップルを「結婚に相当する関係」と認め、証明書を発行する条例案を提出することに決めました。自治体が同性カップルを結婚に相当するパートナーであると証明する制度は全国で初めてとなります。

可決されれば今年の4月1日に施行、2015年度内に証明書発行の開始を目指すとのこと。

東京新聞 同性カップルに結婚並み証明書 渋谷区、来月に条例案 政治(TOKYO Web)

渋谷区、同性カップルに証明書 条例案「結婚に相当」  :日本経済新聞


同性カップルはこれまで賃貸住宅の入居や病院での面会などにおいて「家族ではない」として断られるケースが問題になってきました。渋谷区の条例案では区民や事業者に対して証明書を持つ同性カップルを夫婦と同等に扱うよう求める方針で、条例の趣旨に反する行為があった場合は事業者名を公表する規定も盛り込まれる予定。

海外でも同性婚や同性パートナーシップ制度が次々に認められていく中で、日本におけるターニングポイントとなる可能性の高いこの条例案、今後多くの自治体に波及していく可能性もありそうです。

【追記】
上川あや世田谷区議会議員がこの発表を受けて「世田谷区も検討中。後に続きますよ~」とツイートしています。上川あや議員は性同一性障害を公表の上で世田谷区議選に立候補、当選しており、今後具体的な内容の発表が期待されます。


大きな話題となっている渋谷区の同性パートナーシップ制度、3月1日に条例案が提出されました。可決されれば4月1日から施行され、夏頃には証明書の発行が開始される予定です。

渋谷区 同性カップル“結婚”相当 パートナー条例案提出 - 毎日新聞

この条例案、多くの人にとっては青天の霹靂のニュースとなりましたが、そこに至るまでの長い経緯についてインタビューを交えた記事を毎日新聞が掲載しています。これから同制度の制定を目指す自治体や当事者には非常に参考になる内容です。

「突然決まったように感じられると思いますが、ここまで何年もかかったんです」

「佐藤、鈴木、高橋、田中という日本人に多い四つの名字の合計が約5%と言われます。『同性愛なんて私の周りにはいない』と思っていても、気づいていないだけなんですよ」

「公務員として福祉行政に携わり、教育長を8年務めたのに、この問題を知らなかった。つらい思いの子どもたちを見過ごしていたと思うと胸が痛む」

特集ワイド 同性カップル証明書条例案 流れ変えた当事者の訴え - 毎日新聞


(Photo by Eric Wagner

同性パートナー―同性婚・DP法を知るために
赤杉 康伸 土屋 ゆき 筒井 真樹子
社会批評社
売り上げランキング: 730,210

レズビアン的結婚生活
東小雪+増原裕子
イースト・プレス

・関連記事
Appleのティム・クックCEOがゲイであることをカミングアウト「私はゲイであることを誇りに思う」 BUZZAP!(バザップ!)

田亀源五郎まさかの一般誌デビュー、タイトルは「弟の夫」に BUZZAP!(バザップ!)

国内最大のゲイパレード「東京レインボープライド2014」を歩いてきました BUZZAP!(バザップ!)

「世界一周ホモのたび 祭」発売決定、赤裸々すぎるエッセイマンガが第3弾に BUZZAP!(バザップ!)

ガチムチに続いてゲイ用語の「GMPD」が一般化か、その意味をゲイの読者に聞いてみた BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加