産経新聞、安倍政権批判の米議員を「この人も、どこの国の政治家なんでしょうか?」と公式ツイッターで揶揄

このエントリーをはてなブックマークに追加



トンデモ科学が紙面を飾り、ネルソン・マンデラ釈放25周年の記念すべき日にアパルトヘイト肯定コラムを掲載、「偏向教育」排除を歓迎する一方で教育勅語を園児に暗唱させる「愛国幼稚園」を絶賛し、同性パートナーシップ制度は反同性愛デモの写真を使ってでも攻撃……そんな産経新聞が、今度は自らの公式ツイッターでアメリカの議員を揶揄するという暴挙に出ました。

もはや全国紙としてのレベルすら維持できていないようです。詳細は以下から。

産経新聞は24日、アメリカ合衆国のマイク・ホンダ米下院議員に対して行った以下の単独インタビュー記事を掲載。

【歴史戦】マイク・ホンダ米議員「安倍首相は謝罪し、慰安婦問題や侵略責任を受け入れよ」 産経単独インタビュー - 産経ニュース

マイク・ホンダ議員は2007年の慰安婦問題で日本非難決議を主導した日系議員として知られており、産経側はのっけから「日本に対して否定的な感情を持っているのか」などと挑発的な質問を繰り返しており、激しい応酬となっています。

そうしたやりとり自体はインタビューの手法としてありかもしれませんが、問題になっているのは産経ニュースの公式ツイッターアカウントによるこの記事の紹介ツイート。


「この人も、どこの国の政治家なんでしょうか?」とのコメントが付けられていますが、誰がどう考えてもアメリカ合衆国の政治家に決まっています。自社でインタビューしておきながら本当に分からないのであれば当然お話になりません。

もちろんさすがにそこまでレベルが低いとは考えづらいため、このコメントは安倍首相の歴史修正主義的な政治姿勢を激しく批判するマイク・ホンダ議員に対する揶揄としか捉えられません。

マイク・ホンダ議員は1941年生まれの日系三世。太平洋戦争が勃発した1942年からは、日系であることから「利敵行為を防ぐために」という理由で家族とともにコロラド州の日系人強制収容所で14ヶ月を過ごすという体験もしており、2006年には強制収容所を国立公園局によって「アメリカの歴史にとって重要な史跡」として保存する法案を提案、可決されています。

また、マイク・ホンダ議員は安倍首相が訪米中に1993年の「河野談話」と1995年の「村山談話」を引き継ぐことを明確にするよう求める書簡を送った25人の米議員のうちのひとり。アメリカにとって負の遺産でもある日系人強制収容所を保存する活動と合わせ、「日本の外で太平洋戦争を体験した日系人」としての立場から、政治活動を行っていると思われます。

時事ドットコム:安倍首相訪米中に村山談話確認を=米議員25人が書簡

しかし産経新聞の公式ツイッターの発言からは、慰安婦問題や歴史認識などで現政権に不利な言動を行うマイク・ホンダ議員を、日系であるにも関わらず「反日」的な言動を繰り返す「反日外国人」と認定することで、攻撃しようとする意図しか見えません。

このあまりにも低レベルな揶揄にネット上には「新聞社がやることじゃない」「産経の公式かよ…」といった失望の声が溢れています。

・追記
ちなみに産経新聞社の公式ツイッターが「やらかした」例は決して今回が初めてではなく、2009年に自民党が大敗した際には「産経新聞が初めての下野なう」「でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経新聞の真価を発揮するところ」産経新聞社会部がツイート


批判を受け、その後以下のような苦しい釈明が行われましたが、今回の揶揄と合わせて、産経新聞社のスタンスをうかがい知ることができるいい一例ではないでしょうか。

慰安婦問題という問い―東大ゼミで「人間と歴史と社会」を考える
和田 春樹
勁草書房
売り上げランキング: 655,118

・関連記事
産経新聞がさっそく渋谷区の同性パートナー条例を攻撃開始、反同性愛デモの写真を紙面に | BUZZAP!(バザップ!)

産経新聞、中高生向け憲法講座記事で意味不明なLGBTへの差別的イラストを掲載 | BUZZAP!(バザップ!)

自民党が罰則制定で「偏向教育」排除へ、歓迎した産経新聞は「愛国幼稚園」絶賛でいきなり自己矛盾に | BUZZAP!(バザップ!)

曽野綾子の人種差別(アパルトヘイト)コラム、ついに産経が南ア大使からも抗議を受け名実ともに国際問題に | BUZZAP!(バザップ!)

産経新聞の記事にトンデモ科学の「サムシング・グレート」が登場 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加