「大阪都構想」をコテンパンにdisった動画「総統閣下が都構想の失敗でお怒りのようです」が大爆笑のシリーズ最高傑作と話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加



名作映画「ヒトラー ~最期の12日間~」のクライマックスに嘘字幕を当てたパロディ動画「総統閣下シリーズ」に投票日を目前に迎えた「大阪都構想」をdisりまくった作品が登場、その見事な出来に喝采が沸き起こっています。

総統閣下シリーズ」はドイツで作成された映画「ヒトラー ~最期の12日間~」のクライマックスに当たる非常に印象的なシーンのセリフに嘘の字幕を当て、ありとあらゆる時事ネタにヒトラーがブチギレるという風刺パロディシリーズ。

ヒトラーを演じた名優ブルーノ・ガンツの迫真の演技に魅了されたのはもちろん日本人だけではありません。2006年頃から欧米を始め多くの国でパロディシリーズが制作されています。

そして5月1日にYouTubeユーザー楠正成さんによってアップされたシリーズの新作がこの「総統閣下が都構想の失敗でお怒りのようです」でした。

総統閣下が都構想の失敗でお怒りのようです - YouTube


この動画はハシズムとも揶揄された橋下徹大阪市長をヒトラーに被せるという、それ自体で既に技ありな構成で、「大阪都構想」が失敗した後の大阪の惨状をエッジを効かせながら展開させてゆきます。安倍首相が「元」首相になっているなど、細かい設定も絶妙です。

大阪市を5つの特別区に分割する、通称「大阪都構想」。5月17日の投票では賛成が過半数を取っても大阪都にならず、大阪市が消滅して5つの特別区に分割されるという不思議な構想ですが、投票日まで10日を切ったここに来て上記動画に限らず不備や説明不足、誇大で中身の無い大風呂敷などを批判する動きが次々と起こっています。

まず反対意見の前に「大阪都構想」の公式サイトから見てみますが、「都構想のQ&A」とされる質問コーナーが絶句ものです。

大阪都構想 二重行政のムダをなくす。豊かな大阪をつくる。

「一度大阪都になって失敗したらどうなるの?」という、前代未聞の試みを迎える大阪市民としては間違いなく気になる質問に対する答えが

東京が60年もうまく都市経営できている制度をさらに改良したものが、大阪都構想です。失敗する可能性はありません。


金融取引でもリスク説明が必須とされている現代社会において「失敗する可能性はありません」です。また、「一度大阪都になるともとには戻れないの? 」との質問にも

大阪都構想は失敗することはありませんので心配ご無用です。


と、まさに自信満々。福島第一原発が過酷事故の想定をしていなかったことは被害の大きな拡大を招きましたが、もし仮に失敗した場合は「想定外」と言い抜けることになるのでしょうか。

橋下市長は現在精力的にタウンミーティングを行っていますが、実際に参加した人からの反応には以下のようなものがあります。演説や討論では無双を誇る橋下市長の最も得意とするステージでの八面六臂の「大活躍」の様子がよく分かります。

【全文掲載】これぞ戦後最大の詐欺である 適菜収(作家、哲学者)+本誌取材班――特集 「大阪都構想」の大嘘|矢来町ぐるり

ここで指摘されているようなグラフやパネルの改竄についてはしっかり覚えておくべきですし、さらに橋下市長が大阪府知事に就任したのが2008年(平成20年)、市長に就任したのが2011年(平成23年)であり、既に大阪の地方行政に7年間トップとして鎮座していたことと、上記のパネルや以下の都構想公式サイトの「大阪のひどい現実」で示されている年はよく見比べておくべきでしょう。

また、「大阪都構想」には反対派の筆頭ともされる京都大学の藤井聡教授を始めとした105人の学者が「『大阪都構想の危険性』に関する学者所見」を出しています。単なる反対意見ではなく、危険性についての所見であるところが重要です。

「大阪都構想の危険性」に関する学者所見|藤井 聡

橋下市長はこうした学者からの批判をこれまで通り「実務を知らない学者は大阪都構想批判を繰り返す」として一刀両断してみせます。

これに対してはまさに実務を行ってきている東京23区の各区長と全国の政令指定都市長へのアンケートの結果が示されており、23区長の多くは現在の特別区制に満足しおておらず、政令指定都市長は自らの市を廃止や分割することは全く求めていません


また、橋下市長は「大阪都構想」で東京の特別区を引き合いに出して説明を行うこともありますが、東京23区で最大の区である世田谷区の保坂展人区長は特別区制度の持つの権限の小ささを始めとした問題点を挙げ、

二重行政を解消するのなら、大阪市が独立性を強め、24カ所の行政区の住民自治を強化するという道もあるはずです。こうした議論をするには時間がなくて、もうまにあわないのが現状なら、拙速に決めるべきではないと思います。

「大阪都構想・住民投票」を世田谷から見つめるとより引用)


と締めています。しかし橋下市長は公式サイトでは直筆で「大阪府市の不幸を正す最後のチャンスです!」とあくまで5月17日が最終決戦であることにこだわります。

また現在賛成派が不利とされることから、橋下市長が投票日前に去年の衆議院解散総選挙の際に行ったような敗北宣言演説をするのではないかと予測する人も。この演説は実際の昨年の敗北宣言演説を下敷きにしているため、橋下市長の声に脳内変換されるレベルに非常によくできています。

大阪都構想の投票までに言うべきことは言わないといけません - 黒猫翁の言いたい砲弾

なお、この「大阪都構想」は大阪市民かせいぜい大阪府民にしか関係ない話だと思われがちです。しかし、先日大きな反響を得た自民党の「改憲マンガ」の記事とも関連しますが、改憲を悲願とする安倍首相と「大阪都構想」を実現したい橋下市長の利害は一致しています。

首相が1月のテレビ番組で、大阪都構想について「意義はある」と述べた翌日、橋下氏は「うれしくてしょうがない」と応じた。さらに「憲法改正は絶対必要。安倍首相しかできない。できることはなんでもする」と足並みをそろえた。

維新の議席数は、状況によっては改憲のキャスチングボートを握る。維新が存在感を増せば「公明党を揺さぶる材料にもなる」(自民党幹部)ともみられている。

 改憲を悲願とする首相にとって維新は手放したくないカードであることが、大阪都構想を評価し続ける理由になっている。

安倍首相 「大阪都」に理解 改憲、維新協力に期待 選挙で対決、自民府連は危機感 - 毎日新聞より引用)


「大阪都構想」が実現した暁にはその見返りとして維新が改憲の大きな推進力となることは安倍首相と橋下市長のそれぞれの発言からも明確に読み取れる通り。つまり「大阪都構想」の実現はそのまま安倍政権による改憲の大きな一歩となるということで、大阪市が消滅するだけに留まらず現代日本の屋台骨である憲法にすら影響を与える可能性が強いということ。

残り10日を切った「大阪都構想」の運命の投票日、じっくり腰を据えて行く末を注視してみた方がよいかもしれません。

【追記】
さらに現状を織り込んだ続編がアップされています。こちらも非常にキレッキレの出来となっております。

「大阪都構想」をdisった総統閣下シリーズ動画の続編「総統閣下が都構想の投票権がなくてお怒りのようです」がさらにキレッキレであると絶賛 | BUZZAP!(バザップ!)

大阪都構想が日本を破壊する  (文春新書 1020)
藤井 聡
文藝春秋
売り上げランキング: 3,428

体制維新――大阪都 (文春新書)
橋下 徹 堺屋 太一
文藝春秋
売り上げランキング: 14,695

・関連記事
「大阪都構想」をdisった総統閣下シリーズ動画の続編「総統閣下が都構想の投票権がなくてお怒りのようです」がさらにキレッキレであると絶賛 | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相の指示で作られた「改憲推進マンガ」がデタラメだらけであることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

まさにブラック政治家、維新の党の足立康史議員が「元秘書に残業代700万円支払わない」と国会で犯罪宣言 | BUZZAP!(バザップ!)

自民党の鬼木誠議員「NHKに国の見解に反するような放送をする自由はない」と国営放送扱いして「絶賛」される | BUZZAP!(バザップ!)

【追記】「アカウント間違えた」安倍首相のツイッター公式の中の人が「誤爆」で総裁ネット戦略アドバイザーの山本一太議員とバレる | BUZZAP!(バザップ!)

「236シーベルト浴びても健康上有益」田母神俊雄氏、人類史上稀に見る放射線耐性を獲得 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加