無線LANへのタダ乗り行為で全国初の逮捕者、高出力アダプタ悪用やWEPキー突破も

このエントリーをはてなブックマークに追加



他人の無線LANにタダ乗りした男が逮捕されました。詳細は以下から。

報道各社によると、警視庁サイバー犯罪対策課は他人の無線LANを勝手に利用したとして、愛媛県松山市に住む30歳の男を電波法違反容疑で再逮捕したそうです。「タダ乗り」行為の摘発は全国初とのこと。

男は電波法が定める上限の9倍の電波を出力する無線LANアダプタをネットオークションで購入し、解析ソフトを用いて無関係な近隣の家の無線LANのWEPキーを突破。

タダ乗りした無線LANを使って銀行の偽サイトに誘導するメールを不特定多数に送信し、偽サイトから回収したIDやパスワードを用いて自分の口座に送金させる「フィッシング詐欺」の手口などを繰り返し、1600万円をだまし取ったとみられています。

なお、男は「自分の家にある無線LANに接続しているつもりだった」と、容疑を否認しているとされています。

無線LAN「ただ乗り」容疑の男逮捕 全国初の立件  :日本経済新聞

無線LANに「ただ乗り」容疑、全国初の摘発 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

無線LAN:フィッシング詐欺に無断利用 電波法違反容疑 - 毎日新聞

LAN「ただ乗り」を初摘発 パスワード解析して不正接続、容疑で男逮捕 - SankeiBiz(サンケイビズ)

・関連記事
もちろん干渉無視、携帯各社の無線LANスポットが凝縮された「Wi-Fiの森」を見つけました | BUZZAP!(バザップ!)

ツイッターを席巻している「レイバンのサングラス」スパム、原因や対策をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

「ペニーオークション」の運営者が手数料詐欺の疑いで逮捕される | BUZZAP!(バザップ!)

有料放送見放題とされる「BLACKCASカード」を販売した男が逮捕、購入者も立件を視野に捜査へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加