【追記あり】「何しにきたんだ」「嘘言うな!」安倍首相の「沖縄慰霊の日」スピーチに「帰れ」コールが巻き起こる

このエントリーをはてなブックマークに追加



米軍基地の辺野古移設強行を目論む安部首相が本日行われた「戦後70年沖縄全戦没者追悼式」に出席しましたが、スピーチ時に大きな「帰れ」コールが巻き起こりました。

米軍普天間飛行場の辺野古への移設を強行に推進する安部首相が、多大な住民らを犠牲にした悲惨な沖縄戦が終結した「慰霊の日」である本日6月23日に開催された「戦後70年沖縄全戦没者追悼式」に出席。

沖縄「慰霊の日」 翁長知事が平和宣言 :日本経済新聞

沖縄慰霊の日 翁長知事、平和宣言で「辺野古反対」表明:朝日新聞デジタル


辺野古移設反対を訴え、オール沖縄の支持を受けて当選した翁長雄志知事が平和宣言で辺野古移設反対を強く訴え、国民の自由・平等・人権・民主主義の等しい保障を求めるという異例の事態となりました。

沖縄の米軍の基地問題は我が国の安全保障の問題であり、国民全体で負担すべき重要な課題であります。特に普天間飛行場の辺野古移設については昨年の選挙で反対の民意が示されており、辺野古に新基地を作ることは困難であります。そもそも私たち県民の思いとは全く別に強制接収された「世界一危険」といわれる普天間飛行場の固定化は許されず、その危険性除去のため「辺野古に移設する。嫌なら沖縄が代替案を出しなさい」との考えは到底、県民には受け入れられるものではありません。国民の自由・平等・人権・民主主義が等しく保障されずして、平和の礎を築くことはできないのであります。

政府においては固定観念に縛られず、普天間基地を辺野古に移設する作業の中止を決断され、沖縄の基地負担を軽減する政策を再度見直されることを強く求めます。

(沖縄慰霊の日、異例の平和宣言 翁長雄志知事「辺野古移設の中止を」【全文】より引用)


この後安部首相が登壇し、スピーチを行ったのですが、名前を呼ばれた時点から参加者からは相次いで「帰れ!帰れ!」「嘘言うな!」「何しにきたんだ」と激しいヤジが浴びせ掛けられます。

戦争立法 安倍晋三「沖縄慰霊の日」スピーチ6/23 - YouTube


海外から訪れた報道陣はこの異例の事態を素早くツイート。


しかしNHKはニュースでこの沖縄の反応を黙殺。これについても同様に海外報道陣が指摘しています。


というかAPFには思い切り怒られています。


安部首相はスピーチで「これからも沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」などと述べましたが、沖縄知事選と衆院選での沖縄の民意を尽く踏み躙り、反対を押し切って辺野古移設を進める安倍政権が沖縄から大きな反感を買い、知事から「自由・平等・人権・民主主義の等しい保障」を求められるのは当然のこと。

本当に安倍政権が沖縄の基地負担軽減に全力を尽くすのであれば、まずは辺野古移設の作業を停止するというごく基本的な誠意を見せなければ話は始まらず、嘘つきのレッテルを剥がすことも叶わないでしょう。

【追記】
「これからも沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」はずの安部首相ですが、翁長知事との実質的な会談を行わないなど、スピーチの内容が上辺だけの美辞麗句にすぎないことが浮き彫りとなっています。仲井真知事の時代は「慰霊の日」で来沖した歴代首相が知事と昼食を取りながら会談するのが恒例となっていました。昨年も安部首相と仲井真知事はホテルで会食しています。

しかし安部首相と翁長知事の「会談」は那覇空港に見送りに来た知事と貴賓室で5分程度経済問題について話したのみ。しかも「同席した山口俊一沖縄・北方相が沖縄観光について聞き、翁長氏が説明するなどにとどまった」とのことで、いったい安部首相が沖縄の基地負担をどのように軽減するのか、辺野古移設に反対する沖縄の民意にどう応えるかについては何ひとつ明らかにされていません。ほんの4時間ほどの沖縄滞在の中でもこうした二枚舌を隠そうとすらしない姿勢は不誠実であると言わざるをえないでしょう。

政府・沖縄、対立色再び 慰霊の日 首相・知事会談は5分  :日本経済新聞

東京新聞 知事の訴え 首相は反論 「沖縄の米軍基地国民全体で負担すべき課題」 政治(TOKYO Web)


戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ): 辺野古・高江からの祈り
三上 智恵
大月書店
売り上げランキング: 3,776
ジュゴンの見える丘
ジュゴンの見える丘
posted with amazlet at 15.06.23
Cocco
ビクターエンタテインメント (2007-11-21)
売り上げランキング: 20,454

・関連記事
10年前のドラマ「女王の教室」での指摘、現在の日本の姿と完全に一致していることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「戦争反対」「安倍はやめろ」「憲法守れ」日本各地で安倍政権と「戦争法案」に反対する大規模なデモや集会が続々と開催 | BUZZAP!(バザップ!)

憲法審査会「しばらく休む」と自民党の船田元憲法改正推進本部長が逃亡を宣言 | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】安倍首相が「従来の憲法解釈への固執は責任放棄」と国会で堂々と立憲主義を否定 | BUZZAP!(バザップ!)

自民党の佐藤勉国対委員長、「戦争法案は違憲」と断じた憲法審査会を「もめ事の原因を作る」として凍結を要請 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加