HTCが中国でも惨敗、「HTC One M9」が売れずミドルレンジも圧倒的不利に

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本市場での売り上げが奮わず、HTCが戦略変更を余儀なくされつつあることを先日お伝えしましたが、復権の足がかりとして有望視されていた中国市場でも悲惨な状況に陥っていることが明らかになりました。詳細は以下から。

中国紙が報じたところによると、HTCの新型フラッグシップスマホ「HTC One M9」の発売3ヶ月時点での売れ行きが、475万台にとどまったそうです。

これは前モデル「HTC One M8」の発売3ヶ月での売れ行きと比較すると、実に43.75%も落ち込んだことになる数字。iPhone 6が爆発的にヒットするなど、ハイエンドモデルであっても十分に売れるようになった中国市場で、HTCはシェアを伸ばすどころか失いつつあるわけです。

なお、最も数が売れるミドルレンジモデルの状況はさらに悲惨で、Xiaomiの「Hongmi 2A」やCoolpadの「Great God F1」が399~499人民元(約7950~9940円)で売られる中、HTCの「Desire」シリーズは1000~2000人民元(約1万9900~3万9800円)に。

ハイエンドモデルの不振と、ミドルレンジモデルが価格競争で圧倒的に不利であることから、HTCが中国市場で新たな突破口を作ることは困難であるとみられています。

ちなみに世界初のAndroidスマホを手がけるなど、老舗スマホメーカーとして実績のあったHTCは2011年に、当時携帯電話市場の王者だったNOKIAを超える338億ドル(約4兆1790億円)の時価総額を記録。

しかし今の時価総額は20億ドル(約2470億円)程度にまで下落しており、2013年には初の赤字転落で買収話が持ち上がるなど、厳しい状況を余儀なくされています。

HTC ships 4.75 million HTC One M9 in 3 months; unlikely to make new breakthrough in China

[2CS] アサヒ 十六茶 (2L×6本)×2箱
アサヒ飲料 (2015-02-03)
売り上げランキング: 21

[2CS] 爽健美茶  (2.0L×6本)×2箱
コカ・コーラ (2015-02-23)
売り上げランキング: 52

[2CS]伊藤園 おーいお茶 緑茶 (2L×6本)×2箱
伊藤園
売り上げランキング: 48

・関連記事
初の赤字転落でLenovoへの身売り話まで持ち上がったHTC、いったい何が悪かったのか | BUZZAP!(バザップ!)

HTCが株価10分の1・シェア2%の危機的状況に、幹部の相次ぐ退職や純損失計上も | BUZZAP!(バザップ!)

日本で泥沼の苦境に陥ったHTCが戦略転換か、SIMフリースマホ投入も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  2. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  3. えげつなく安い1万円台の高性能SIMフリータブレット「Teclast M40」「Teclast P20HD」またしても値下がり、ゲームやビデオ会議、ナビなどマルチに活躍
  4. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  5. auが格安タブレット「TCL TAB 10s」発売、固定回線不要の小型LTEルーター「無線LAN STICK」も

モバイルに関連した楽天商品ランキング