HTCが中国でも惨敗、「HTC One M9」が売れずミドルレンジも圧倒的不利に



日本市場での売り上げが奮わず、HTCが戦略変更を余儀なくされつつあることを先日お伝えしましたが、復権の足がかりとして有望視されていた中国市場でも悲惨な状況に陥っていることが明らかになりました。詳細は以下から。

中国紙が報じたところによると、HTCの新型フラッグシップスマホ「HTC One M9」の発売3ヶ月時点での売れ行きが、475万台にとどまったそうです。

これは前モデル「HTC One M8」の発売3ヶ月での売れ行きと比較すると、実に43.75%も落ち込んだことになる数字。iPhone 6が爆発的にヒットするなど、ハイエンドモデルであっても十分に売れるようになった中国市場で、HTCはシェアを伸ばすどころか失いつつあるわけです。

なお、最も数が売れるミドルレンジモデルの状況はさらに悲惨で、Xiaomiの「Hongmi 2A」やCoolpadの「Great God F1」が399~499人民元(約7950~9940円)で売られる中、HTCの「Desire」シリーズは1000~2000人民元(約1万9900~3万9800円)に。

ハイエンドモデルの不振と、ミドルレンジモデルが価格競争で圧倒的に不利であることから、HTCが中国市場で新たな突破口を作ることは困難であるとみられています。

ちなみに世界初のAndroidスマホを手がけるなど、老舗スマホメーカーとして実績のあったHTCは2011年に、当時携帯電話市場の王者だったNOKIAを超える338億ドル(約4兆1790億円)の時価総額を記録。

しかし今の時価総額は20億ドル(約2470億円)程度にまで下落しており、2013年には初の赤字転落で買収話が持ち上がるなど、厳しい状況を余儀なくされています。

HTC ships 4.75 million HTC One M9 in 3 months; unlikely to make new breakthrough in China

[2CS] アサヒ 十六茶 (2L×6本)×2箱
アサヒ飲料 (2015-02-03)
売り上げランキング: 21

[2CS] 爽健美茶  (2.0L×6本)×2箱
コカ・コーラ (2015-02-23)
売り上げランキング: 52

[2CS]伊藤園 おーいお茶 緑茶 (2L×6本)×2箱
伊藤園
売り上げランキング: 48

・関連記事
初の赤字転落でLenovoへの身売り話まで持ち上がったHTC、いったい何が悪かったのか | BUZZAP!(バザップ!)

HTCが株価10分の1・シェア2%の危機的状況に、幹部の相次ぐ退職や純損失計上も | BUZZAP!(バザップ!)

日本で泥沼の苦境に陥ったHTCが戦略転換か、SIMフリースマホ投入も | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  3. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  4. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング