池上彰のフジテレビ「嫌韓」報道番組で韓国人へのインタビュー字幕が捏造される

このエントリーをはてなブックマークに追加



フジテレビで放映された「池上彰緊急スペシャル! 知ってるようで知らない韓国のナゾ」の中で韓国人へのインタビューの字幕が捏造されていたことがネットで大きな批判を呼んでいます。

問題となっているのは6月5日に「知ってるようで知らない韓国のナゾ」とのテーマで放映されたフジテレビの金曜プレミアム「池上彰緊急スペシャル!」という報道番組。

「仲良くしたいけど、なかなかうまくいかない隣国韓国との問題を学びながら日本の歩むべき道を探る」として

(1)日韓最新情報を解説
(2)なぜ韓国人はそこまで日本が嫌いなのか?
(3)なぜ反日だったのに日韓国交正常化したのか?


などの内容を放送していました。この番組は放送前から新聞のテレビ欄の広告で「韓国が『反日』になった本当の理由をあなたは知っていますか?」と宣伝したことで「池上彰はウヨったのか」などと失望の声が上がっていました。


番組内でも「韓国は棚からぼた餅式にできた国だ」などとしたデマを垂れ流して大きな批判を浴びていましたが、同時に嫌韓を声高に叫ぶネトウヨからも韓国寄りだとして叩かれるなど、評判はよくなかったようです。

なぜ? リベラルの星・池上彰が韓国特番でネトウヨ、嫌韓本そのままのヘイトデマ解説|LITERA/リテラ 本と雑誌の知を再発見

しかし、新たにこの番組の中で韓国人へのインタビューの字幕の中に明らかな捏造があることが、韓国語を解するツイッターユーザーらの間で指摘され、大きな批判を呼んでいます。


「文化がとても多いですね。そして外国人が本当にたくさん訪れてくれるようです」はどのように悪意を持って翻訳しても「嫌いです。だって韓国を苦しめたじゃないですか」と訳すことはできません。

つまり、フジテレビのこの「報道番組」はこの韓国人女子高生の言葉を翻訳したのではなく、悪意を持って捏造したと断ずる以外にこの現象を説明することはできません。韓国人の発言を捏造して「反日」に仕立て上げて放映し、日本人の嫌韓感情を煽った以上これはれっきとしたヘイトスピーチです。

報道番組を名乗りながらデマをまき散らし、ヘイトスピーチを行ったフジテレビと池上彰はこの件について明確な釈明を行う義務があります。

なお、これはBPO(放送倫理・番組向上機構)に通報すべき案件だとして意見が送られ始めているようです。

【追記】
フジテレビが「映像編集ミスト最終チェック不足」などとした「お詫び」をウェブサイトに掲載しました。

フジテレビ、「嫌韓」報道番組での字幕捏造に「映像編集ミス」とウェブサイトでこっそり釈明 | BUZZAP!(バザップ!)

さらば、ヘイト本! 嫌韓反中本ブームの裏側
大泉実成 木村元彦 加藤直樹 梶田陽介
ころから (2015-05-23)
売り上げランキング: 82,269

ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力 (文春新書)
安田 浩一
文藝春秋
売り上げランキング: 6,701

・関連記事
産経新聞またも赤っ恥、乾正人編集長が「ヘイトスピーチ」の意味を全く理解していないことが署名記事で判明 | BUZZAP!(バザップ!)

産経新聞がさっそく渋谷区の同性パートナー条例を攻撃開始、反同性愛デモの写真を紙面に | BUZZAP!(バザップ!)

産経新聞、中高生向け憲法講座記事で意味不明なLGBTへの差別的イラストを掲載 | BUZZAP!(バザップ!)

自民党が罰則制定で「偏向教育」排除へ、歓迎した産経新聞は「愛国幼稚園」絶賛でいきなり自己矛盾に | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】産経新聞、今度は曽野綾子が人種差別(アパルトヘイト)を肯定するトンデモ全開コラムを掲載 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加