時事通信経済部の鈴木記者、沖縄問題で「見限ってもいい」「もう、そんな連中は放っておいてもいい」と菅官房長官に「提言」

このエントリーをはてなブックマークに追加



時事通信社の経済部に所属する鈴木記者が沖縄問題で菅官房長官に対し、質問の形を取りながら不適切極まりない「提言」を行い大炎上しています。

この問題が発生したのは7月13日夕方の菅官房長官の記者会見でのこと。米軍普天間飛行場の辺野古への移設に反対する社民・護憲ら、与党会派が提案し、沖縄県議会可決、成立させた埋め立て用土砂の県外からの搬入を規制する条例に関して時事通信社経済部の鈴木記者が質問。

この条例に絡んで、沖縄県の要請で国が工期を短縮した那覇空港第2滑走路の建設について「沖縄が工期短縮を難しくするような決断をしたことについて、もう国としてもある意味、見限ってもいいような気がするが、いかがでしょうか」と質問の体裁を取りながら提言。菅官房長官は「沖縄の発展は日本の発展にとって極めて重要」とした上で経緯を説明。

ですが鈴木記者は、仲井真前知事との最大限協力するとの約束を翁長知事を含めた現在の沖縄県が協力しないという決断をしたことについて「もう、そんな連中は放っておいてもいいと思うが、いかがでしょうか」と重ねて発言。菅官房長官はさすがに苦笑しながら「沖縄の発展は日本の発展にとって極めて重要」と繰り返すことに。

朝日新聞の取材によると、時事通信社はこの不適切発言をした鈴木記者を「不適切な表現で、極めて遺憾だと考えている。すでに本人に注意をした」とのことですが、注意のみで何らかの処分がされたかは明らかにされていません。

また、以下の報道各社は以下の政府インターネットテレビの公式記録に掲載された動画(16:30からが当該質問)の中で鈴木記者が自ら名乗っているにも関わらず、記者名を明らかにしないまま報道しています。

平成27年7月13日(月)午後-内閣官房長官記者会見 - 政府インターネットテレビ


これが「慣れ合い」というものなのでしょうか?

時事通信、記者を注意 沖縄巡る質問で「不適切な表現」:朝日新聞デジタル

沖縄巡り不適切な質問、時事通信が記者を注意 社会 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


このエントリーをはてなブックマークに追加