新国立競技場は「#森喜朗古墳」、あまりにも的確な表現が大ウケしツイッターで大絶賛拡散中

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨今の五輪としては類を見ないほど高額に膨れ上がった建築費、政府による責任のなすり付け合いなど、あまりにもグダグダな「新国立競技場」にニックネームが誕生しました。その名も「#森喜朗古墳」。現在ツイッターで絶賛拡散中です。詳細は以下から。

発端となったのはこのツイート。新国立競技場の建築費に、さらに72億円が追加されるというニュース記事に対し、「森喜朗古墳凄まじいな」というコメントが付いたところ……


建築費以外にも、2019年に開かれるラグビーのW杯に間に合わせるために、競技場としての完成度よりも工期を優先させようとするなど、新国立競技場にまつわる一連の問題には東京五輪・パラリンピック組織委員会長、森喜朗元首相が大きく関与していることから、非常にしっくりくる表現として、「#森喜朗古墳」が一挙に拡散。見事Twitterのトレンド入りを果たしました。


挙げ句の果てにはBuzzap!でも何度かお伝えした「ママゴト」などで知られる漫画家・松田洋子さんによって首相時代の失言問題まで掘り起こされる始末。


時の権力者がどれだけ権勢を誇っていたかを示す古墳。森元首相や与党が国民から非難を浴びつつも計画を進めようとする背景には、やはり古墳と同じように、自らの権力を誇示したいという思い入れでもあるのでしょうか。


このまま森元首相や与党が計画見直しをせず、新国立競技場の建設を進めれば、毎年莫大な維持費に苦しめられる「負の遺産」となることはほぼ確定しているだけに、自ら晩節を汚すような真似だけはやめてもらいたいところです。

・関連記事
「#新国立競技場クソコラグランプリ」が開催され、怒りや皮肉に溢れた金メダル級の作品が続々投下される | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】建築前から「負の遺産」確定?3000億円超えも囁かれる新国立競技場の見切り発車に日本中から怒りの声が吹き荒れる | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】2520億円の新国立競技場、コンペ責任者の安藤忠雄が当初案ゴリ押しを画策していたことが暴露される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加