「江戸しぐさ」や「サムシング・グレート」などのトンデモでお馴染みの育鵬社の教科書を都教委が採用

このエントリーをはてなブックマークに追加



「新しい歴史教科書をつくる会」の元メンバーらが執筆した歴史と公民の教科書を東京都教育委員会が採択したことが明らかになりました。詳細は以下から。

東京都教育委員会は23日の定例会で、都立中高一貫校10校と都立特別支援学校22校の合わせて32校(NHK報道では35校)で、2016年度から使う中学生の歴史と公民の教科書に「新しい歴史教科書をつくる会」の元メンバーらが執筆したの育鵬社の教科書を採択しました。

「つくる会」系教科書採択 都教委、中高一貫など32校:朝日新聞デジタル

都教委 育鵬社の教科書を採択 - NHK 首都圏 NEWS WEB


育鵬社の教科書といえば今やトンデモなデマとして広く認知されている「江戸しぐさ」を掲載していたことで非常に有名。また、アメリカ合衆国の反進化論団体らが唱えるインテリジェントデザイン説(ID説)の一種として知られる「サムシング・グレート」についてのコラムが掲載されていたことで「トンデモ科学が教科書に載せられている」として批判が巻き起こっていました。

当時の教科書の該当部分はこちらから読むことができます。




なお、文化人類学者の山口智美さんが最新版の育鵬社の教科書を読んだツイートがまとめられていますが、これによると江戸しぐさの記述はなくなっているようですが、サムシング・グレートの記述はそのままで、アパルトヘイト肯定で国際問題にもなった曽野綾子によるコラムも健在とのことです。

曽野綾子さんコラムも搭載実装...山口智美さんが育鵬社の「公民」教科書を読んでみた - NAVER まとめ

こうしたトンデモの掲載以前から育鵬社の教科書に対しては「過去の戦争を肯定している」「男女差別を行っている」などの批判が繰り返されており、今回の採択にあたっても23の団体から採択しないようにとの請願が起こされていました。育鵬社の教科書の問題点のついては自由法曹団が以下のように詳細に追求しています。

弁護士からみた 育鵬社の公民・歴史教科書の問題点

大きな問題を抱えた育鵬社の東京都教育委員会という首都での採択に、今後波紋が大きく広がりそうです。

(Photo by Shihchuan

江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統 (星海社新書)
原田 実
講談社
売り上げランキング: 14,060

・関連記事
産経新聞の記事にトンデモ科学の「サムシング・グレート」が登場 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】産経新聞、今度は曽野綾子が人種差別(アパルトヘイト)を肯定するトンデモ全開コラムを掲載 | BUZZAP!(バザップ!)

アイヌ民族、沖縄戦、朝鮮人虐殺など、教科書検定で「政府の見解」を尊重しすぎて歴史修正主義に陥ったと大きな批判 | BUZZAP!(バザップ!)

「東日本大震災は天からの警告」下村文科相が公式サイトでオカルト全開の珍説を展開していたことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

強行採決後の3連休、国民は自民党の予想通り「戦争法案」を忘れたのか? | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相の指示で作られた「改憲推進マンガ」がデタラメだらけであることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加