シビリアン・コントロール崩壊か、昨年12月に自衛隊の統合幕僚長が米軍陸軍参謀長に「安保法制の整備は夏までには終了」と説明

このエントリーをはてなブックマークに追加



2014年の衆院選直後に自衛隊の統合幕僚長が米軍に対して「安保法制の整備は夏までには終了」などと説明していたことが分かりました。詳細は以下から。

9月2日の参院平和安全法制特別委員会で共産党の仁比聡平議員の質問で、昨年12月に行われた衆院選での自民党勝利の直後に自衛隊の河野克俊統合幕僚長が訪米し、オディエルノ米陸軍参謀総長から安全保障法制整備の見通しを問われて「与党の勝利により安保法制の整備は夏までには終了する」と説明していたことが、独自に入手した報告書により発覚しました。

安倍首相が4月下旬の米議会の演説で現在審議の紛糾している「戦争法案」を夏までに成立させる方針を明言しましたが、それよりも4ヶ月前の時点で自衛隊の制服組トップが米軍との直接のやりとりで法案成立についての説明を行っていたことになります。

中谷防衛相は「資料がいかなるものか承知しておらず、コメントできない」としましたが、このやりとりを把握していないのであれば明確にシビリアン・コントロール(文民統制)が崩壊して自衛隊が独断専行で米軍と話を進めていたという異常事態となります。

仮に把握していたとすれば、法案提出のはるか以前に日本の安全保障に関わる重要な法整備に関して自衛隊と米軍で既に話を始めているのを認めていたこととなり、先に追求された自衛隊の内部文書とはわけが違います。


実際の国会での質問の様子は以下から。当該資料での質問は26分過ぎからとなります。


空前絶後のスキャンダルと言っても過言ではないこの報告書、今後の「戦争法案」の審議に多大な影響を及ぼすことは間違いありません。

時事ドットコム:統幕長「夏までに法整備終了」=昨年末の訪米時に説明-共産追及

砂川判決と戦争法案 最高裁は集団的自衛権を合憲と言ったの! ?
内藤功(元砂川事件弁護団) 新井章(元砂川事件弁護団) 大森典子(元砂川事件民事事件弁護団) 吉永満夫(砂川事件再審請求弁護団) 土屋源太郎(砂川事件元被告) 山口広(弁護士) 海渡雄一(弁護士) 福田護(弁護士) 中川亮(弁護士) 小川隆太郎(弁護士) 長谷川悠美(弁護士)
旬報社
売り上げランキング: 12,831

・関連記事
戦争法案に反対する「国会10万人・全国100万人大行動」が開始、国会前は既に決壊状態に | BUZZAP!(バザップ!)

あの「教えて!ヒゲの隊長」の続編動画、再びあかりちゃんに完全論破されていた | BUZZAP!(バザップ!)

立憲主義を知らない礒崎首相補佐官、今度は「法的安定性は関係ない」発言で謝罪に追い込まれる | BUZZAP!(バザップ!)

自衛隊が「後方支援」で拘束されてもジュネーブ条約の「捕虜」としての保護は受けられない、岸田外相が明言 | BUZZAP!(バザップ!)

斜め上過ぎる珍説、中谷防衛相が「弾薬は武器ではない」「手榴弾もミサイルも弾薬なので武器ではない」「核兵器も法文上は運搬可能」と国会で答弁 | BUZZAP!(バザップ!)

強行採決後の3連休、国民は自民党の予想通り「戦争法案」を忘れたのか? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加