同性婚証明書の発行を最高裁命令を無視して拒否した米役人、法廷侮辱罪で収監

このエントリーをはてなブックマークに追加



自身の信仰を理由に、同性婚を行おうとしたカップルに証明書の発行を拒否したケンタッキー州の書記官が法廷侮辱罪で収監されました。

今年6月に同性婚がすべての州で合法化されたアメリカ合衆国。ですが、全てのアメリカ人がこの決定に納得したわけではありませんでした。そして結婚許可証を発行する立場にある書記官のひとりもこれを認めませんでした。

同性カップルに結婚許可証を発行することはキリスト教徒としての自身の信仰に反するとして、6月以降頑なに拒否し続けてきたケンタッキー州ローワン群キム・デービス書記官が法廷侮辱罪で収監されました。

デービス書記官は「自分にはキリスト教徒としての信念があり、最高裁判決に従うことを免除されるべきだ」として連邦裁判所に訴えを起こしていましたが、連邦判事が認めなかったため連邦最高裁に上告、しかし最高裁もこの訴えを退けていました。

しかしデービス書記官は1日に結婚許可証の発行を求めた同性カップルに対して「神の権限」に基づいたとして再び許可証の発行を拒否、今回の法廷侮辱罪での収監に至りました。許可証発行の再会命令に応じれば釈放される見込みです。

同性婚拒否の米地方役人を収監、法廷侮辱罪で 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

デービス書記官は収監前に以下のステートメントを発表しています。

これは私には小さな問題ではありません。天国か地獄かの決定です。これは私にとっては神への服従するという決断なのです。私は誰に対しても敵意を持っているわけではないし、憎悪を抱いているわけでもありません。私にとってはこれはゲイやレズビアンの問題ではなく、結婚と神の言葉の問題なのです。これは合衆国憲法修正第一条と、ケンタッキー憲法と、ケンタッキーの信教の自由回復行為に守られた宗教的自由の問題なのです。


これに対してコロンビア法科大学院のKatherine Franke教授は以下のように説明します。

警察官、消防官のような公務員が、彼らの宗教的な信条から特定の任務を免除されたいとの訴えは以前からありました。そして裁判所は一貫して「だめだ。それは認められる宗教的自由の行使ではない。なぜならそれを認めることはあなたの宗教的な関心のコストを第三者に転嫁することになるからだ」として拒否しています。私たちが話しているのは公務員が「私がやるように要求された仕事をほかの人にやってもらいたい」といった時のコストのことです。


最高裁判決よりも自らの宗教的な信条を優先するのであれば、それは原理主義者とされてもおかしくない行動。ですが、進化論を否定したりID論を信奉するような原理主義的キリスト教徒が少なからず存在するのがアメリカ合衆国。同性婚反対論者の中ではヒロイン的な存在になりつつあるところが非常に気になるところです。

Kentucky clerk Kim Davis was just jailed for refusing to issue marriage licenses to same-sex couples Fusion

同性パートナー―同性婚・DP法を知るために
赤杉 康伸 土屋 ゆき 筒井 真樹子
社会批評社
売り上げランキング: 510,134

・関連記事
「ハッテン場」の様子を地上波放送へ、TBSの番組「クレイジージャーニー」に非難の声が上がる | BUZZAP!(バザップ!)

【追記】世田谷区が「同性カップル」証明の公的書類を発行へ、渋谷区との違いは? | BUZZAP!(バザップ!)

欧州人権裁判所が同性カップルの法的承認の枠組みを求める判決を下す、欧州人権条約に加盟するロシア、トルコを含む47ヶ国8億人に影響も | BUZZAP!(バザップ!)

悲しみにくれるゲイの少年、ヒラリー・クリントンが掛けた言葉に世界が揺さぶられる | BUZZAP!(バザップ!)

全米で同性婚が合法化、連邦最高裁判所が歴史的な判断を示す | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加