【追記】安保で大揺れの参院特別委員会、自民党がルール無視の越権行為に→速記停止中に「強行採決」

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日から大混乱の続いている参議院平和安全法制特別委員会。野党の抗議で開催が今朝8時50分にずれ込みましたが、さらなる大混乱が引き起こされています。

まず、今朝8:50から開催される予定だったのは委員会の理事会。しかし鴻池委員長は理事会室ではなく委員会室で、他の委員も着席の状態で理事会を開催するという極めて異例の行動を取り、開会を宣言。

しかし、前夜の取り決めと段取りが異なっているとして野党がこれに激しく抗議。その後一旦休憩となり、理事会室で理事会が開かれることとなりました。その後9時45分から鴻池委員長が委員会の再開と質疑の集結を職権で宣言。このタイミングで野党は鴻池委員長に不信任動議が提出されました。

不信任動議の提出を受けた鴻池特別委員長は退席。その際佐藤正久与党筆頭理事を委員長に指名し、佐藤議員が委員長席に着きました。しかし、委員長には次の委員長を指名する権限はなく、理事会での互選で決定する必要があり、これは明白な越権行為。野党の強い抗議を受けた鴻池委員長はその後すぐにこの指名の取り消しを余儀なくされます。


ですが、佐藤議員はそのまま委員長席に座り続け、審議を進めようと目論みました。しかし佐藤議員が委員長として議事を進める権限は一切ないため、野党側はこれに猛反発。佐藤議員も最終的には退出し、委員会は再び休憩に入っています。

同委員会のインターネット中継は以下から。

参議院インターネット審議中継

この時点で少なくとも鴻池委員長が理事会の互選なしで独断で代理の委員長を指名するという越権行為と、佐藤議員が無効であるにもかかわらず委員長席に座り審議を進めようとするという明確なふたつの越権行為が行われています。

これらはひとつだけでも問責されてもおかしくないレベルの極めて重大な違反。国会のルールすら守られないまま、重要法案の決議が進められようとしています。

鴻池氏が退席し、与党筆頭理事が委員長席に - 47NEWS(よんななニュース)

【追記】
その後不信任動議に関し、野党議員らがフィリバスターと呼ばれる長時間の演説を行っていましたが、最後の山本太郎議員の演説の直後、鴻池委員長が自席に戻った瞬間、突然「強行採決」が行われ委員会は騒然となりました。与党議員らが鴻池委員長を取り囲み、委員長は法案の読み上げを行っている模様でしたが、NHKも採決を含めた詳細の確認ができないほどの大混乱。その際に佐藤正久議員が与党議員らに起立を呼びかけ、拍手が起こっていたことは確認できます。その後、佐藤正久議員が採決した旨をインタビューで語りました。

なお、この際には速記が止まっており、法案の読み上げも聞こえず、議事録に残っていないとすれば採決無効となる可能性もあるということです。このまま本会議での攻防に雪崩れ込むのか、再び差し戻されるのか、現時点では不透明な状況です。


安保法案、参院特別委で可決 採決強行、総括質疑無く:朝日新聞デジタル

・関連記事
シビリアン・コントロール崩壊か、昨年12月に自衛隊の統合幕僚長が米軍陸軍参謀長に「安保法制の整備は夏までには終了」と説明 | BUZZAP!(バザップ!)

自衛隊が「後方支援」で拘束されてもジュネーブ条約の「捕虜」としての保護は受けられない、岸田外相が明言 | BUZZAP!(バザップ!)

【17日まで】雇用が不安定になる改正派遣法、パブリックコメントをたった3日しか受け付けないことに多数の怒りの声 | BUZZAP!(バザップ!)

鴻池祥肇委員長、懇談会での「蓮舫あれはいい女や~」などのセクハラ発言が曝露される | BUZZAP!(バザップ!)

「戦争法案」で個別的自衛権も崩壊、敵国の「後方支援のみ」を行う第三国を攻撃できないと安倍首相が明言 | BUZZAP!(バザップ!)

経団連「武器輸出を国家戦略に」と提言、「戦争法案」の成立を前提に | BUZZAP!(バザップ!)

国会前で行われるデモ、参加するにはどうすればいいの? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加