シリア難民の子供がドイツの警官にプレゼントした絵が言葉も出ないほどに壮絶

このエントリーをはてなブックマークに追加



内戦が続くシリアから脱出する多くの難民。その中のひとりの子供がたどり着いたドイツで警官にプレゼントした絵が大きな話題になっています。

トルコ沿岸で溺死した3歳のシリア人難民の男の子、アイランちゃんの溺死写真が世界中に衝撃を与えたのはおよそ3週刊前のこと。その後シリア難民の受け入れについて欧米諸国では大きな議論が巻き起こされました。

もちろんシリアの内戦も、それに伴う難民の問題も現時点では全く解決の道筋が見えていません。そんな中、無事に生きてドイツまでたどり着いたシリア難民の子供の描いた絵が大きな衝撃を与えています。

この絵はバイエルン州の連邦警察局のツイッター公式アカウントがアップしたもの。パッサウという街の警官に、ドイツに到達したシリア難民の子供のひとりが描いてプレゼントしたものとのことです。


絵の真ん中にオレンジ色の線が引かれ、左側がシリア、右側がドイツを描いています。シリア側の絵には足を失った女性、バラバラになった死体に破壊された建物、黒く塗りつぶされた銃を持った兵士が描かれています。

一方右側のドイツには荷物を抱えて逃げてきた、恐らくは家族であろう難民。壊されていない建物に石畳の道。パッサウの警官たちに手厚く向かえられたのでしょうか、ドイツ国旗とPOLIZIの文字にはハートマークが描かれています。

このどちらもが間違いなく、この絵を描いた子供が実際に見てきた現実であることは疑いようがありません。日本はこうした死地を逃れてきた人々に対し、どのような助けを出せるのでしょうか?

混迷するシリア――歴史と政治構造から読み解く
青山 弘之
岩波書店
売り上げランキング: 298,849

緒方貞子―難民支援の現場から (集英社新書)
東野 真
集英社
売り上げランキング: 7,195

・関連記事
【動画】難民を蹴りつけたハンガリー極右TV局の女性カメラマンが解雇に | BUZZAP!(バザップ!)

テロ対策?フロリダ州で聖書の文言が記されたキリスト教徒専用アサルトライフル「クルセイダー」が発売され物議に | BUZZAP!(バザップ!)

シリアの難民たちが身に付けて逃げた最も大切なものとは? | BUZZAP!(バザップ!)

最近話題になってる「レイシズム」って一体なに? | BUZZAP!(バザップ!)

世界で最もレイシストの多い国が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

アイヌ民族、沖縄戦、朝鮮人虐殺など、教科書検定で「政府の見解」を尊重しすぎて歴史修正主義に陥ったと大きな批判 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加