覚醒剤で逮捕の野田毅議員「元」秘書、「逮捕前日の依願退職」という闇

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Michael Allen Smith

10月6日に報道された自民党の野田毅税調会長の「元」私設秘書の覚醒剤使用容疑での逮捕。その経緯が恐ろしい闇であると話題になっています。

問題となっているのは自民党の野田毅税調会長の「元」私設秘書の藤木寿人容疑者。藤木容疑者は覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで10月1日に熊本県警に逮捕されたことが10月6日に報道されました。

ほぼすべての報道で「元秘書」とされているのですが、実はこの藤木容疑者、秘書を退職したのは逮捕の前日の9月30日で、両親と一緒に事務所を訪れ、私設秘書を依願退職したということ。退職理由として二子石信介秘書長は熊本市の事務所で一身上の都合を理由に9月30日付で退職願を受け取ったと回答しています。

つまり、覚醒剤で逮捕される前日に秘書を依願退職したために藤木容疑者は「野田毅議員の秘書」ではなく「野田毅議員の『元』秘書」になったというわけです。ネットを始めこのあまりのタイミングの不自然さに関係性を疑う声が続出していますが野田事務所は「退職理由と今回の事件は関係ない」とコメントしています。

ポイントとなるのは熊本県警が任意の尿検査を行なって陽性反応が出たタイミングですが、この時期についてはいずれの報道でも明確になっていません。

藤木容疑者の逮捕に関しては、読売新聞の報道によると覚醒剤の密輸グループの捜査過程で、譲渡先として藤木容疑者が浮上したため、顧客の疑いで尿検査を行ったとされています。また、朝日新聞によれば藤木容疑者の両親は野田毅議員の後援会の幹部であり、藤木容疑者は10年ほど前から地元で私設秘書をしていたが、居場所が分からなくなったり、連絡が取れなくなったりすることが多くなったため9月30日に依願退職したと報じています。

藤木容疑者は容疑を否認していますが、警察は藤木容疑者が覚醒剤を常習的に使っていたとして追求する方針。今後藤木容疑者が野田毅議員の「元」秘書以前の野田毅議員の秘書であった時代から覚醒剤を使用していたことが明るみに出る可能性も少なくは無さそうです。

(Photo by Michael Allen Smith

薬物・アルコール依存症からの回復支援ワークブック
松本 俊彦 今村 扶美 小林 桜児
金剛出版
売り上げランキング: 63,531

・関連記事
自民党の現役議員が覚せい剤使用で逮捕、両腕に注射痕で常習の疑いも | BUZZAP!(バザップ!)

軽減税率のマイナンバー還付案、与党内部からも批判の嵐で白紙撤回か | BUZZAP!(バザップ!)

麻薬や覚醒剤より危険!神奈川県の「危険ドラッグ啓発CM」がトラウマレベルに恐ろしい | BUZZAP!(バザップ!)

大麻が覚醒剤などのハードドラッグへ依存症を治癒させるかもしれないという研究報告 | BUZZAP!(バザップ!)

コカイン、ヘロイン、覚醒剤がかつて合法だった時代の広告 | BUZZAP!(バザップ!)

ドラッグを過剰摂取した少女の幻覚を宇宙的なスケールで描いたショートムービー「Endtrip」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加