「最低賃金2000円」「大学院まで学費無料」など、駐日デンマーク大使館ツイートに注目が集まる

このエントリーをはてなブックマークに追加



駐日デンマーク大使館の公式アカウントのデンマークについてのツイートに注目が集まっています。詳細は以下から。

駐日各国大使館が日本語でツイッターの公式アカウントを持ち、自国の情報などをツイートしているのは既によく知られた光景となっています。そんな中で今大きな注目を浴びているのがOECD調査に基づき2015年の世界で最も幸福な国に選ばれたデンマークの駐日大使館のアカウントです。

これは最低賃金について。時給2000円が下限というのは驚きです。ちなみにデンマークの首都コペンハーゲンの物価は2014年調査で東京とほぼ同程度。


労働に関する内容だとこんな感じ。5週間の有給休暇をほぼすべての人が100%消化。残業もほぼなく、残業した時は代休取得やフレックスタイムで処理も可能。


こちらは教育に関するもの。大学院まで学費無料、全ての学生に月額8万円程度支給(貸与ではない)など、卒業と同時に数百万円の学資ローンの借金を抱えるハメになる日本とは真逆と言える教育政策です。


政治参加については18歳で選挙権、被選挙権を得ることができ、30代の大臣も珍しくないとのこと。


こちらはFacebookの投稿から。消費税は軽減税率なしの25%、法人税がそれを下回る23.5%(来年からは22%)と一見新自由主義的な傾向が強いですが、社会保障の充実や失業保険、再就職支援などによる後ろ支えががっちりと存在しており、世界でも最も格差と貧困の少ない国として知られています。

【デンマークの消費税は25%でも軽減税率なし!】
デンマークの付加価値税(日本の消費税に当たる)は、25% という世界でもかなり高い税率です。その上、食料品などへの軽減税率を一切設けていません。
軽減税率を設けていないのは、以下の理由があり...

Posted by デンマーク大使館 on 2015年9月8日

【ビジネスが最もしやすい国・デンマーク】
米国の経済誌フォーブスによると、世界で最もビジネスがしやすい国はデンマークです。

デンマークの法人税は23.5%です。来年からは22%に下がります。
(日本は32.11%、来年からは31.33%)...

Posted by デンマーク大使館 on 2015年10月14日


歴史も規模も違う国を同列に論じることはできないという意見はごもっともですが、地下資源や広大な国土を持たず、人を資源として活用していくしかない日本においても参考にできる面は少なくないはず。

日本人がこうした社会システムの意識にすぐに馴染めるとも思えませんが、それでもシステム側から少しでも国民が幸福に、格差や貧困にあえぐことなく、健康で文化的な最低限度の生活を送れるようにしていかなければならないのではないでしょうか。

格差と貧困のないデンマーク―世界一幸福な国の人づくり (PHP新書)
千葉 忠夫
PHP研究所
売り上げランキング: 48,333

消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし  角川SSC新書 (角川SSC新書)
ケンジ・ステファン・スズキ
角川SSコミュニケーションズ
売り上げランキング: 28,545

デンマーク人が世界で一番幸せな10の理由
マレーヌ・ライダル
サンマーク出版
売り上げランキング: 146,206

・関連記事
「最低賃金1500円」を求めるデモが10月17日に新宿で開催、ブラック資本主義に対する宣戦布告 | BUZZAP!(バザップ!)

「消費税10%に伴う軽減税率の財源確保のため社会保障充実策一部見送り」という本末転倒 | BUZZAP!(バザップ!)

10年前のドラマ「女王の教室」での指摘、現在の日本の姿と完全に一致していることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

介護問題のネックはどこに?「介護離職ゼロ」を目指した特別養護老人ホーム増設案に「現場無視」との指摘 | BUZZAP!(バザップ!)

OECD「トリクルダウンは起こらなかったし、所得格差は経済成長を損なう」という衝撃の報告について | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加