「原作に敬意を感じない」「不快」、元セーラームーン登場のソフトバンク新CMに非難の声



小泉今日子が「元セーラームーン」、広瀬すずが「元ちびまるこちゃん」などとして登場するソフトバンクの新CMに非難の声が上がっています。詳細は以下から。

◆「元○○」な国民的アニメキャラたちが実写で登場するソフトバンクの新CM
ソフトバンクが冬商戦に向けて放送を開始した新CMは、時を経た『美少女戦士セーラームーン』『おぼっちゃまくん』『ゴルゴ 13』『鉄腕アトム』『北斗の拳』『ちびまる子ちゃん』『あしたのジョー』といった国民的アニメキャラが、何気ない日常の中で、スマートフォンを通じたコミュニケーションを楽しんでいる姿をコンセプトにした実写版。

CM発表会ではキョンキョンこと小泉今日子さんが登壇し、元セーラームーンとして出演することが告知されました。


そして現在、最も頻繁に放送されているであろう「自撮り棒編」の内容をかいつまんで説明するとこんな感じ。架空のバー、「ムーンリバー」でスマホを使って自撮りしようとしているお客に店主の元セーラームーンがムーンスティックを手渡すと……





ムーンスティックが伸びて自撮り棒として使えたよ!スマホたのしいね!という内容です。



◆「不快」「敬意を感じない」と非難囂々
そんな新CMですが、ネット上での反響を見てみると「不快」という声が非常に多く見られる事態に。ムーンスティックが伸びるなど、原作の設定を完全に無視しているだけでなく、各作品への敬意や愛情が感じられないといった内容が多数。





特に各作品に対して思い入れの強いファンであればあるほど、粗雑な扱われ方をすることに対する拒否反応が顕著です。







ちなみにBuzzap!編集部員が最も心を折られたのは、又吉直樹演じる「元・あしたのジョー」。パンチドランカー症状に苦しめられつつもホセ・メンドーサ戦に己のすべてを費やし、真っ白に燃え尽きたはずの矢吹ジョーが、なぜアパートで執筆活動をしている設定なのでしょうか。


なお、今回の新CMを手がけたプランナーは「白戸家」シリーズや、アルプスの少女ハイジを起用した家庭教師のトライ、実写版ドラえもんを起用したトヨタ自動車のCMなどで知られる澤本嘉光氏ではなく、同じ電通所属の岡野草平氏です。

auの「三太郎CM」に好感度トップの座を奪われ、テコ入れを図ったものとみられるソフトバンクの新CM。せっかく多くの人に愛されている作品群を起用したにもかかわらず、積極的にアンチを作り出してしまう内容になってしまったことは、非常に残念と言わざるを得ません。

・関連記事
本日公開のソフトバンク新CM、好感度1位のau「桃太郎CM」を挑発した下品すぎる内容に | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】解約金大幅引き上げのソフトバンクが一括購入割引を大改悪、パケット定額まで24ヶ月縛りに | BUZZAP!(バザップ!)

【動画あり】ソフトバンクが新CMに小泉今日子とセーラームーンやあしたのジョーなどのアニメキャラ軍団を起用 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 楽天モバイルがiPhone 13など大幅値引き、携帯各社ぶっちぎりの最安値に
  2. 【速報】1万円の新型タブレット「BMAX MaxPad I9 Plus」値下げ、ステレオスピーカー搭載で動画視聴も快適に
  3. 【速報】大容量8GBメモリ搭載の格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル
  4. 新型スマホ「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万円台に、格安なのに120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載
  5. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用の高性能タブレットが圧倒的な安さに

モバイルに関連した楽天商品ランキング