笑えるほどに露骨、参院選前後に1250万人の年金受給者に3万円の臨時給付金バラマキを検討

このエントリーをはてなブックマークに追加



政府が参院選前後に高齢者に向けてあからさまなバラマキを検討していることが明らかになりました。詳細は以下から。

政府は12月7日、高齢者を中心に1人3万円を配る臨時給付金の概要を与党に示しました。来年の参院選前後に1250万人に向けて給付する予定で、2015年度の補正予算に3400億円を計上する予定。

これは元々2017年の消費税10%への増税に伴い、年金の少ない高齢者に年6万円を給付することにしており、その半額分を「民間消費の下支え」との名目で前倒しするとしていますが、当初配る予定だったのは年収87万円以下の人と障害・遺族基礎年金の受給者のみ。

しかし今回の案ではその対象が年金をもらっている4000万人のうち3割にも及ぶ1250万人にまで拡大しており、あまりにも露骨な高齢者へのバラマキによる参院選での票の囲い込みだと既にネット上では多くの批判が集まっています。


子供の貧困対策には税金を使わず民間基金に丸投げして全く寄付が集まらない体たらくを晒し、国立大学の学費を倍増させる上に学資ローンを放置して給付型奨学金に力を入れることもなく、自らへの票固めとなる「投票率の高い」高齢者へのバラマキには3400億円もの大金を惜しげも無く投入。この上ない露骨さには唖然とせざるを得ません。

年金受給者の3割に3万円 参院選前後、1250万人に:朝日新聞デジタル

・関連記事
首相肝入りの「子どもの貧困対策基金」への寄付が2ヶ月でたった300万円、「国の責任でやれ」との声が多数 | BUZZAP!(バザップ!)

国立大授業料が今後15年で約40万円増の93万円に、国際人権規約にも違反 | BUZZAP!(バザップ!)

「最低賃金2000円」「大学院まで学費無料」など、駐日デンマーク大使館ツイートに注目が集まる | BUZZAP!(バザップ!)

「賃金の節約のため」非正規雇用がついに4割にまで増大、所得格差もくっきり | BUZZAP!(バザップ!)

菊池桃子、1億総活躍国民会議で今度は「ダイバーシティ」を阻害する日本の慣習に切り込む | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】茨城県教育委員「障害のある子どもの出産を防げるものなら防いだ方がいい」と暴言、県知事は「問題ない」→双方とも謝罪 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加