新デザイン公開の新国立競技場、総工費は1500億円超えに

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほど公開された「新国立競技場」の新デザイン2案を実現するためにかかる費用が判明しました。詳細は以下から。

新国立競技場整備事業に関する技術提案書 | 新国立競技場 | JAPAN SPORT COU

JSCが公開した資料によると、建設費・設計管理費を合わせた2案の事業費見積もりはいずれも1500億円超となっています。

・A案
建設費:1489億9993万2000円、設計監理費:39億8584万8000円


・B案
建設費:1486億8800万円、設計監理費:39億9600万円


2520億円と見込まれた旧デザインよりも1000億円下がったとはいえ、2000年以降に各国で開催されたオリンピックのスタジアム(高くても500億円台)の3倍近い総工費となる新デザイン。

部材価格や人件費が高騰した場合、さらに膨れ上がる可能性を秘めている上、維持費などにも不安が残るわけですが、今後どのような議論が生まれるのでしょうか。

・関連記事
新国立競技場は「#森喜朗古墳」、あまりにも的確な表現が大ウケしツイッターで大絶賛拡散中 | BUZZAP!(バザップ!)

「#新国立競技場クソコラグランプリ」が開催され、怒りや皮肉に溢れた金メダル級の作品が続々投下される | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】建築前から「負の遺産」確定?3000億円超えも囁かれる新国立競技場の見切り発車に日本中から怒りの声が吹き荒れる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加