メンタル不調の休職者が半数の企業で増加、有給消化率の低い企業ほど顕著な傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Alexander Olm

日本の職場環境の悪化が止まりません。詳細は以下から。

ブラック企業問題が大きくクローズアップされるようになりましたが、社会人の精神的な健康状態は悪化の一途を辿っていることが分かりました。

日本生命保険が1月19日に発表した福利厚生アンケート調査によると、過去5年間でメンタル面での不調を理由として休職する従業員が増えていると回答した企業が全体の半数近い48.2%にも上ることが明らかになりました。

メンタル面での不調を理由とした休職者が「増えている」と回答した企業は48.2%と約半数となった一方、「減っている」と回答したのは11.3%に留まっています。「どちらとも言えない」との回答は39.8%でした。

休職者が「増えている」と回答した企業の割合を有給消化率ごとに見ると、有給の平均消化率「20%未満」の企業では65.5%、「40~60%未満」の企業で48.4%、「80%以上」では39.0%となっており、有給休暇をまともに取得できない企業ほど従業員の精神的な健康状態が悪化しやすいという結果が如実に現れています。

なお、この調査対象は従業員規模1000人以上の企業のみ。下請け、孫請けなどの厳しい現実を考えると、より規模の小さな中小・零細企業での実態を含めた社会全体での働く人のメンタル面の健康状態はより厳しいものと見るべきなのかもしれません。

アンケート結果のPDFは以下のリンクから全体を確認することができます。

平成27年度 ニッセイ「福利厚生アンケート調査」

半数の企業が「増加」=メンタル不調の休職者 日生調査 - WSJ

(Photo by Alexander Olm


・関連記事
世界の1%の富裕層の資産、残りの全人類99%の資産を上回る | BUZZAP!(バザップ!)

「待遇は最低賃金で残業、休日出勤は喜んで仕事します!」、外国人実習生制度がもはや現代の人身売買に | BUZZAP!(バザップ!)

竹中平蔵が「トリクルダウンはあり得ない」と断言、今までの主張は嘘でした | BUZZAP!(バザップ!)

日本の1人当たりGDP、過去45年間で最低の20位にまで転落 | BUZZAP!(バザップ!)

「賃金の節約のため」非正規雇用がついに4割にまで増大、所得格差もくっきり | BUZZAP!(バザップ!)

10年前のドラマ「女王の教室」での指摘、現在の日本の姿と完全に一致していることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会の人気記事

  1. 普通郵便の「翌日配達」「土曜配達」廃止で実質値上げ、木曜に出した郵便物は月曜到着に
  2. NHK「テレビ設置時の届け出を義務化しろ」、受信料未払い者の個人情報も要求
  3. 【ネット工作】自民党・河井克行元法相が「対立候補の批判」を業者へ依頼、投稿内容まで具体的に指示していた
  4. 日本学術会議の任命拒否問題を世界最高の学術誌「サイエンス」「ネイチャー」が批判、海外の一流紙からも「非情な黒幕」「学問の自由への攻撃」など問題視する声
  5. 「バイトにボーナスは不要!」「契約社員に退職金は不要!」最高裁が相次いで判断、働き方改革の目玉「同一労働同一賃金」早くも終了

社会に関連した楽天商品ランキング