急速な円高で1ドル111円に突入、株価も急落で年金に懸念も

このエントリーをはてなブックマークに追加



円高が恐ろしい勢いで進んでいます。詳細は以下から。

株価や為替情報サイト「世界の株価」によると、2016年2月11日17:50現在、ドル円の為替レートは1ドル111.31円と、急速な円高が進んでいます。

過去3ヶ月のチャートを見るとこんな感じ。昨年12月21日には121円程度だったのが、1ヶ月半で10円も円高に。輸入食品が安くなるなど、物価高に悩む消費者にとって非常にうれしい展開となる一方で、輸出企業の業績に大きく影響しかねません。


また、日経平均も昨年12月21日時点で約1万9000円だったのが1万5713円にまで下落しており、景気が回復している根拠として株価が上がったことをしきりにアピールしてきた政府に冷や水を浴びせる形となっています。


なお、年金を運用する「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」は政府の意向をくむ形で、株による運用比率を従来の12%から25%へ引き上げることを2014年に決定。

株価の急落は多額の含み損を生む可能性があるため、今後が非常に気になるところです。

OCN モバイル ONE 【データ通信専用】 マイクロSIM
NTTコミュニケーションズ (2013-08-29)

・関連記事
10年前のドラマ「女王の教室」での指摘、現在の日本の姿と完全に一致していることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

竹中平蔵が「トリクルダウンはあり得ない」と断言、今までの主張は嘘でした | BUZZAP!(バザップ!)

富裕層が得た富は庶民にも流れる「トリクルダウン理論」の問題点が一目で分かる画像 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加