女児をオモチャで公園におびき寄せ、盗撮するスマホゲーム「ようじょあつめ」が驚きのキモさ

このエントリーをはてなブックマークに追加



一時期大流行した「ねこあつめ」の最低な劣化コピーが登場しようとしています。詳細は以下から。

日本国内はもとより、海外でもヒットしたコレクション系スマホゲーム「ねこあつめ」。雨後の竹の子のように類似作品が登場しましたが、完全に一線を越えたパロディが登場して物議を醸しています。

そのゲームの名前は「ようじょあつめ」。この時点で完全にアウトですが、ゲーム内容も実に酷いもの。

・ようじょが好きそうなオモチャを公園に設置しよう!(例:プリカツのカード)
・オモチャに釣られてようじょが遊びにくるぞ!
・遊んでいるようじょたちの姿を写真に撮ってアルバムへ!


幼い女の子をオモチャでおびき寄せて盗撮し、その写真をコレクションする。いったい普段から何を考えていればここまで徹頭徹尾キモくNGなゲームを開発できるのでしょうか?

あえて萌え絵や過剰な露出を避けてデフォルメされた絵柄を用いる辺りは、三重県志摩市の萌えキャラ「碧志摩(あおしま)メグ」や、岐阜県美濃加茂市観光協会によるアニメ「のうりん」の巨乳キャラクターを採用したポスターでの全国レベルでの批判を踏まえての対策と見ることもできそうです。

この「ようじょあつめ」はiOS版Android版で予約を開始しており、3月9日16時時点でiOS版の予約数は480人、Android版が1241人となっています。

なお、開発したとされる企業WhoAppが独自HPすら持たず、所在地も池袋の高級賃貸マンションのウエストパークタワー池袋であること、そして代表者名と広報が同一人物で連絡先がヤフーメールであることなどから訝しむ声も多数。

中には警察がペドフィリアを釣るための囮アプリなのではないかという憶測も聞かれる程ですが、確かにこのゲームをインストールして遊ぶ層がペドフィリアである可能性は無作為抽出よりは高そう。

実際に囮であれば、警察からすれば幼児を狙う危険なペドフィリアをリアルタイムで追跡・監視できる非常に有利な一手ということになりますが、もちろんそれは単なる憶測であり、証拠は一切ありません。

ただし、似たような囮作戦は海外では既に2013年の時点で行われています。オランダの人権団体が架空のフィリピン人少女(10歳)のアバターを作成し、ビデオチャットで世界中の1000人のペドフィリアを特定、インターポールに通報したことをBUZZAP!でもお伝えしました。



とりあえず制作者の「子供に挨拶しただけで不審者扱いされるこの冷たい時代…」という嘆き節に対しては、こういうゲームを作る人がいるとますます不審者扱いされるようになることを強く指摘しておきます。

公園でようじょを撮影するゲーム「ようじょあつめ」事前予約スタート! - WhoAppのプレスリリース

児童性愛者―ペドファイル
ヤコブ ビリング
解放出版社
売り上げランキング: 265,804

関連記事
非実在幼女スウィーティ(10歳)によって既に1000人もの幼児性愛者が特定され、インターポールに通報されている | BUZZAP!(バザップ!)

ゲイを追放する「ホモ人狼」こと「アッー!とホーム♂黙示録~人狼ゲーム~」炎上、開発元が謝罪する事態に | BUZZAP!(バザップ!)

悪夢のようにグロい、リアル人面絵文字の広告はなぜ作られたか、その秀逸な理由 | BUZZAP!(バザップ!)

子供にしか見ることのできない児童虐待防止ポスターが秀逸 | BUZZAP!(バザップ!)

史上最悪の近親相姦カルトがオーストラリアで摘発される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加