【悲報】民進党岡田代表「予定通り消費税を10%に上げていくべき」

このエントリーをはてなブックマークに追加



民進党が消費税を予定通り増税すべきだとの方針を明らかにしました。詳細は以下から。

民進党の岡田克也代表が28日の日本テレビの番組で、2017年4月に予定されながらも再延期の囁かれる消費税10%への増税について「財政健全化は次の世代に責任を果たす意味で非常に大事だ。条件を整えた上で上げていくべきだ」と述べました。

今朝方には産経新聞が安倍首相が円高、増税再延期の方針を固めたことを伝えています。円高、株安が進んだこと、個人消費が低迷し、5ヶ月ぶりに景気判断が下方修正されたこと、ノーベル経済学賞受賞者らからの再増税の凍結を求める意見が相次いだことなどが理由として述べられており、同時に7月の参院選で争点化されるのを防ぐ狙いがあったともされました。

民進党の増税賛成路線は安倍政権の方針とは真逆となり、ある意味「安倍政権との対決」の姿勢を出したことにはなるかもしれませんが、「民と共に進む」はずが庶民の首を最初から絞める発言には唖然とするほかありません。

江田代表代行は本日28日のブログ記事「政治は社会的弱者のためにある」ということが民進党の政治理念だと述べていますが、逆進的な消費税を増税することのどこが社会的弱者のためになるのかまったくもって意味不明。

岡田代表は昨日の結党大会での「政権交代可能な政治を実現するラストチャンスだ」と訴えましたが、いきなりそのラストチャンスを踏みつぶしてしまったことになります。

本当にこんなことで国民の支持が得られると思っているのでしょうか?当然のようにツイッター上では怒りと落胆と絶望の声が溢れかえっており、#岡田辞めろというハッシュタグまで作られてしまっています。


時事通信ニュース:消費増税、予定通り実施を=岡田民進代表

民主主義ってなんだ?
民主主義ってなんだ?
posted with amazlet at 16.03.28
高橋 源一郎 SEALDs
河出書房新社
売り上げランキング: 18,518

・関連記事
消費税増税や雇用の不安定化を推進、民主と維新の参院選共通公約に「勝つ気がないのか?」と怒りの声 | BUZZAP!(バザップ!)

民主党と維新の党が新党名が「民進党」に決定 | BUZZAP!(バザップ!)

低所得の若者に向けた政府の消費刺激策、なんと「貯蓄に回せない商品券」でした | BUZZAP!(バザップ!)

保育士賃金たった8000円アップと引き替えに労働環境さらに悪化、与党の待機児童対策提言が完全に的外れ | BUZZAP!(バザップ!)

「リストラ」をビジネスにする再就職助成金の150倍増、仕掛けたのはあの竹中平蔵でした | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加