【ブラック寺院】世界遺産の仁和寺で349連勤、元料理長うつ認定で4200万円支払い命令

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Wikipedia

どこぞの邪教の総本山の話でしょうか?いいえ、世界遺産の仁和寺での出来事です。

世界文化遺産にも認定されている京都市右京区の仁和寺。ここの食堂で働いていた58歳の元料理長の男性が、過酷な長時間労働を強いられて精神疾患を発症したとして、仁和寺に対して慰謝料や時間外の未払い賃金など約4700万円を求める訴訟を起こしていました。

京都地裁は12日に「極めて過酷な長時間労働を強いて、多額の時間外手当を労働基準法に違反して支払っておらず悪質」として業務と発症との因果関係を認め、仁和寺に対して4253万円の支払いを命じました。

判決によると男性は2004年に仁和寺に雇用され、2005年に料理長に就任。2012年に「抑うつ神経症」と診断されて休職し、2013年に労働基準監督署から労災認定を受けていましたが、現在も後遺症が残っています。

勤務実態は想像を絶する凄惨なもので、発祥前年の2011年の勤務日数は356日。しかもそのうち349日が連続勤務という並み居るブラック企業も真っ青なもの。さらにこの時期の時間外労働は毎月140時間以上で、最長では240時間にも達していました。

男性は判決後の記者会見で「これで人生を一歩前に進めるが、私の体が治ったわけではない。これまで仁和寺から謝罪は一切無く、誠意のなさにショックを受けている」と述べており、一方仁和寺側は「主張が認められず大変残念。内容を精査して控訴を検討したい」と抗戦の構えを崩していません。

今年のブラック企業大賞ノミネート間違いなしの酷さですが、世界遺産としてどのような対応をするのか、世界中から注目される立場であることを忘れないでいただきたいところです。

うつ:宿坊349日連続勤務 京都地裁が仁和寺に賠償命令 - 毎日新聞

仁和寺に4200万円支払い命令 長時間労働巡り京都地裁  :日本経済新聞

仁和寺で349日連続勤務…元料理長のうつ認定 社会 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

(Photo by Wikipedia


ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
今野 晴貴
文藝春秋
売り上げランキング: 12,838

ブラック企業完全対策マニュアル (晋遊舎新書 S15)
古川 琢也
晋遊舎
売り上げランキング: 61,404

・関連記事
ついに労基署がブラック企業撲滅に本気、サビ残支払い指導142億円や賃金不払い社長逮捕も | BUZZAP!(バザップ!)

ブラック企業大賞にアリさん、セブン、ABCマート、明光義塾ら6社がノミネート、web投票も開始 | BUZZAP!(バザップ!)

【ブラック省庁】厚労省が「労働基準監督署」の非正規職員の労働時間を勝手に延長→撤回に追い込まれる | BUZZAP!(バザップ!)

ABCマートが100時間超の違法残業をさせたと労働基準法違反容疑で書類送検、ブラック企業対策の「過重労働撲滅特別対策班」が始動 | BUZZAP!(バザップ!)

メンタル不調の休職者が半数の企業で増加、有給消化率の低い企業ほど顕著な傾向 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加