中学2年生の85%「え、危険ドラッグ?普通に手に入るけど?」、小学5年生でも7割以上

このエントリーをはてなブックマークに追加



危険ドラッグの魔の手が小中学生にまで広がっているようです。詳細は以下から。

横浜市が市内の小中学生約1800人に対して「入手できると思うか」と質問したところ、「できる」との回答が小学5年生で71%、中学2年生ではなんと85%にも上ったことが明らかになりました。

横浜市は市教委と合同で2015年12月に意識調査を実施。小学5年生の児童と中学2年生の生徒計4907人を対象に行われ、37%から回答を得ました。

危険ドラッグについて「希望すればすぐに手に入ると思うか」という問いに、小5の36%、中2の35%が「簡単に手に入る」と回答。「少し苦労するが、何とか手に入る」との回答も小5で35%、中2で50%に上りました。

なお、危険ドラッグの使用に関してはそれぞれ9割以上が「絶対に使うべきではないし、許されない」と回答しましたが、小5の2%、中2の6%が「使うかどうかは個人の自由」と答えています。

危険ドラッグは元々法規制の対象になっていなかったことから「合法ハーブ」「脱法ハーブ」などと呼ばれ、違法とされるドラッグよりも手軽で、それ故に「大騒ぎするほどでもない、大したことのないもの」という誤った認識が広がっていました。

しかし実際はBUZZAP!でも以前警告記事を掲載したように、危険ドラッグはお酒や大麻はもちろん、ヘロインや覚醒剤よりも恐ろしく、得体の知れない存在です。このように子供の近くに存在する状況は極めて危険、迅速かつ徹底的な対処が必要とされます。神奈川県ではかつてトラウマレベルに恐ろしい「危険ドラッグ啓発CM」が放映されていましたが、効果が無かったということなのでしょうか?


なお、この意識調査では「手に入る」と答えた児童、生徒らが本当に危険ドラッグを入手できる(もしくはできた)かは不明。年代が年代だけに、中二病を発症させたり悪ぶって見せたくて「え、危険ドラッグ?手に入るけどなにか?」と答えていた可能性もありそうですが、実態が気になるところです。

薬物入手、中2の85%「できる」…横浜市調査 社会 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

危険ドラッグ大全
危険ドラッグ大全
posted with amazlet at 16.04.28
阿部 和穂
武蔵野大学出版会
売り上げランキング: 305,726

・関連記事
脱法ハーブがマリファナよりも危険であると言われる理由とは? | BUZZAP!(バザップ!)

麻薬や覚醒剤より危険!神奈川県の「危険ドラッグ啓発CM」がトラウマレベルに恐ろしい | BUZZAP!(バザップ!)

「カイジ」の福本伸行が危険ドラッグの危険を描いた短編漫画が秀逸すぎると話題に | BUZZAP!(バザップ!)

危険ドラッグ規制強化へ改革案、成分分析なしで禁止も | BUZZAP!(バザップ!)

リーゼントにガリ勉メガネ中学生コス、大阪府警の「NO!危険ドラッグ」広報ビデオの出オチ感がえらいことに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加