ドイツで2017年に医療大麻が合法化

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドイツでも医療大麻が認められることになりました。

ドイツのHermann Gröhe厚生大臣はプレスリリースで、深刻な病気で医師に掛かっている患者に対して医療大麻の処方を認める決定を内閣が行ったことを明らかにしました。合法化の日付は現時点では提示されていませんが、来年の実施を見込んでいます。

Gröhe厚生大臣は「私たちが目指すのは、深刻な病気を患っている人が私たちが持つ最高の対策を探せるようにすることだ」とし、健康保険会社が医療大麻のコストを補助することも求めています。

ただし、現時点で合法化に対して議論がないわけではなく、麻薬取締局のMarlene Mortler長官は大麻が完璧に安全ではないと以下のように警告を発しています。

限定された医療大麻の使用は効果的であり、より詳しく研究されるべきだ。しかし同時に大麻は無害な物質ではない。個人的な楽しみのための合法化は今回の狙いや目的からは外れる。あくまで医療目的に限定されるべきだ。


大麻の使用に関しては隣国のオランダでは以前より極めて緩い制限となっており、カナダでも2017年のレクリエーション目的の合法化が決定済。アメリカ合衆国ではコロンビア特別区と4つの州で完全合法化となり、グアムと25の州で医療大麻が合法オーストラリアでも医療大麻が合法化されました。南米ではチリとウルグアイが既に合法化を行っている他、ジャマイカでも非犯罪化が行われています。

ヨーロッパでは既に大麻の個人での所有や使用、栽培に関しては実質的に非犯罪化が行われている国が多いですが、このように明文化されて産業と結びつくケースが増えることで、より大麻の合法化の流れが加速しそうです。

Germany to legalize medicinal marijuana by 2017 - CNN.com

・関連記事
世界を癒やすため、カリフォルニアで大麻を育てる尼僧たち「Sisters of the Valley」 | BUZZAP!(バザップ!)

カナダで来年春にレクリエーション目的の大麻が合法化、フィルポット保健大臣が4月20日に明言 | BUZZAP!(バザップ!)

オーストラリアで医療大麻が合法化 | BUZZAP!(バザップ!)

大麻OKの映画館から大麻配達サービスまで、米国で合法大麻の定着進む | BUZZAP!(バザップ!)

医療大麻が合法化されたアメリカの州、解禁後5年ほどで肥満率が減少していたことが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加