まもなく発表の「Zenfone 3」は3モデル展開、大半がSnapdragonでAtomは非採用に

このエントリーをはてなブックマークに追加



格安スマホ市場でひときわ強い存在感を発揮しているASUSが、最新スマホを発表します。詳細は以下から。

ASUSのCEO・Jerry Shen氏が報道陣に語ったところによると、同社は6月にZenfone 3シリーズを発表する予定だそうです。

Zenfone 3は主にミッドレンジをターゲットにしたモデルになるとのことで、全体の90%にクアルコム、残り10%にMediaTekのプロセッサを採用する予定。

以前大幅に縮小されるとされていたIntelのAtomプロセッサについては、つい先日のIntelの方針変更もあって、全廃されることになります。

なお、Shen氏によるとASUSは2015年9月からクアルコムのプロセッサを採用し始めていたため、Intelの方針転換の影響を受けることは無いとのこと。

また、Zenfone 3は「ZenFone 3 Max」「ZenFone 3 Deluxe」「ZenFone 3」の3モデル展開を想定しており、260~307ドル(約2万8300~3万3400円)のセグメントに浸透することを目指しているため、比較的安価な「ZenFone 3 Max」が全体の売り上げの3分の2を占める見通し。

2016年8月には世界6ヵ国で利用できるようになる方針であることも、合わせて明かしています。

Asustek to unveil ZenFone 3 smartphones in June targeting mid-range segment, says CEO

・関連記事
ASUSがZenfone 3のプロセッサを大幅変更へ、Intelのモバイル事業に危機 | BUZZAP!(バザップ!)

ASUSが2万円の格安スマホ「Zenfone Go ZB551KL」発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

ASUSがZenfoneシリーズのAndroid 6.0アップデート予定を公開 | BUZZAP!(バザップ!)

【レビュー】やっぱりすごい光学3倍ズーム、「Zenfone Zoom ZX551ML」のカメラをガチンコ評価してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加