【東京五輪贈賄疑惑】JOC竹田会長「2億4800万円の送金は実績ある会社への正式な業務契約に基づく対価だ!」→支払先が完全なペーパーカンパニーでした

このエントリーをはてなブックマークに追加



2020年東京オリンピック招致活動の贈賄疑惑、どうにも言い逃れのできないことになっています。

東京オリンピックの招致活動において、200万ユーロ(約2億4800万円)にも及ぶ多額の資金が日本の招致委員会から国際オリンピック委員会(IOC)関係者に渡ったとされる事件が大きく話題になっています。

フランス検察当局が2013年の7月と10月にIOC委員で国際陸連(IAAF)前会長のラミン・ディアク氏の息子パパ・マサタ・ディアク氏に深い関係のあるシンガポールのBlack Tidings社の秘密口座に送金されてたことを確認したと認めています。

Gardian紙によると、この秘密口座を所有してたイアン・タン・トン・ハン氏がパパ・マサタ・ディアク氏の親密な友人であり、広告大手の電通の「子会社」AMSのコンサルタントとして雇われた人物。そしてパパ・マサタ・ディアク氏はIAAFのマーケティング・コンサルタントを勤めていて電通は2029年までIAAFのマーケティング権を取得しているという、まさにズブズブな関係です。

Tokyo Olympics ?1.3m payment to secret account raises questions over 2020 Games Sport The Guardianより引用)

そして東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会の理事長でもあった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は、元事務局長の樋口修資氏と連名で見解を発表。「正式な業務契約に基づく対価として支払った」として現金を支払ったことを認めてしまいました。

その中で報道されている支払いは「招致計画づくり、プレゼン指導、国際渉外のアドバイスや実際のロビー活動、情報分析など多岐にわたる招致活動の業務委託、コンサル料などの数ある中の1つであり、正式な業務契約に基づく対価として支払った」と説明。

さらに契約したBlack Tidings社について「契約した会社は実績があり、それに期待して契約しており、何ら疑惑を持たれる契約ではない」と主張、「招致実現は、フェアな招致活動を行った結果であり、招致計画が正当に評価されたものであると今でも確信している」としています。

ですが、産経新聞とNHKの報道によれば、Black Tidings社の所在地はシンガポール東部の公営住宅の1室。

NHKの取材班がこの場所を訪ねたところ、男性の家族とみられる女性が応対し、男性が住んでいることを認めました。そのうえで、「自宅にはめったに帰ってこない」とだけ話して、それ以上の取材には答えませんでした。また、近所に住む女性は「家族は知っているが男性に会ったことはない。この公営住宅で会社を経営している人がいるなんて聞いたことがない」と驚いた様子で話していました。

五輪招致巡る問題 明らかになった発端は NHKニュースより引用)



【東京五輪】招致にからみ仏検察捜査 日本の銀行口座から「招致」名目で疑惑口座に送金 - 産経ニュースより引用)

ということで、どこからどう見ても完全なペーパーカンパニーでした。既にフランス検察当局と協力してシンガポール汚職捜査局も捜査を開始。パパ・マサタ・ディアク氏もインターポールに指名手配されています。

新国立競技場問題にエンブレム問題、世界一カネがかからないはずが予算が当初6倍の1.8兆円に膨れあがるなど、疑惑と不手際のオンパレードとなっている東京オリンピック。これで招致問題に関わるブラックなOMOTENASHIの実態が明らかになれば完全にチェックメイトとなりそうです。

日本の美的感覚からすれば、これ以上傷を深くする前に潔く開催を返上しても良いのではないでしょうか?

【5月14日11:30追記】
日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長がこの贈賄疑惑に対して「招致計画づくり、プレゼン指導、国際渉外のアドバイスや実際のロビー活動、情報分析など多岐にわたる招致活動の業務委託、コンサル料などの数ある中の1つであり、正式な業務契約に基づく対価として支払った」と大見得を切っていましたが、JOCでは契約書の所在を確認できていないことが報じられましたので追記します。

Q.契約書そのものは存在しないんですか?
 「契約書は保存されていると思います」(JOC側)

Q.どこに?
 「JOCにはございません」
 「正確な場所は我々も聞いていません」(JOC側)

「東京五輪招致「コンサルタント料」、契約書など確認できず」 News i - TBSの動画ニュースサイトより引用


【東京五輪】招致にからみ仏検察捜査 日本の銀行口座から「招致」名目で疑惑口座に送金(1 2ページ) - 産経ニュース

五輪招致巡る問題 明らかになった発端は NHKニュース

五輪招致委の金銭支払、正式な業務契約の対価=竹田JOC会長 ロイター

東京五輪招致で仏検察捜査 日本の銀行口座から送金か NHKニュース

シンガポール当局も捜査 五輪招致疑惑、仏と協力  :日本経済新聞

Tokyo Olympics ?1.3m payment to secret account raises questions over 2020 Games Sport The Guardian


オリンピック経済幻想論 ~2020年東京五輪で日本が失うもの~
アンドリュー・ジンバリスト
ブックマン社
売り上げランキング: 60,406

・関連記事
もはや詐欺!?「世界一カネのかからない」はずだった東京オリンピック費用が予定の6倍の1.8兆円に | BUZZAP!(バザップ!)

東京オリンピックで年間稼働率9割以上の神宮球場が5ヶ月使用中止に、野球200試合に影響 | BUZZAP!(バザップ!)

【大失態】新デザイン公開の新国立競技場、今さら聖火台を置く場所がないことが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

【速報】新デザイン公開の新国立競技場、総工費は1500億円超えに | BUZZAP!(バザップ!)

ついに東京五輪のエンブレムが使用中止に、盗作疑惑の佐野研二郎氏が画像無断転用を認める | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加