格安スマホより安くて高性能、1万円台で本気のスペックの「Xiaomi Redmi 3 Pro」

このエントリーをはてなブックマークに追加



5インチHD液晶にSnapdragon 410、2GB RAM/16GB ROM……と、国内で2万円程度で販売されている格安スマホの性能は横並びとなっており、あまり面白みがないわけですが、そんなマンネリをいい意味で打破してくれるスマホが1万円台で販売されています。詳細は以下から。

これが今回解説する「Xiaomi Redmi 3 Pro」。5インチHD(1280×720)液晶を備えたモデルで、2016年5月27日現在、1万8529円のセール価格で販売されています。


ミドルレンジスマホ向けのSnapdragon 616(64ビット8コア、1.7GHz)や3GB RAM/32GB ROM(最大128GBのmicroSDXCカード対応)を搭載したAndroid 5.1スマホ。この時点で2万円程度で販売されているエントリーモデルとは一線を画した性能で、比較的長い期間使い続けられることが期待できます。


像面位相差オートフォーカス採用で0.1秒でピントが合う、F2.0の1300万画素背面カメラを搭載。前面カメラも500万画素と、1万円台のスマホにしては作り込まれたカメラを備えています。


さらに厚さ8.5mmのボディに、一般的なハイエンドスマホ(3000mAh前後)よりもさらに大きい4100mAhの大容量バッテリーを搭載。


残念ながら技適マークを取得していませんが、Xiaomi Redmi 3 Proは最新のIEEE802.11 a/b/g/n/acの無線LANをサポート。さらにGSM、W-CDMA、FDD-LTEといった通信方式にも対応しています。

2G:GSM 850/900/1800/1900MHz
3G:W-CDMA 850/900/1900/2100MHz
4G:FDD-LTE 1800/2100/2600MHz

また、背面に指紋認証センサーを搭載しています。


ミドルレンジクラスの性能なのにエントリーモデル以下の価格で購入できるXiaomi Redmi 3 Pro。以下のガジェット通販サイト「GearBest.com」で送料無料で購入できます。

XiaoMi Redmi 3 Pro 32GB ROM 4G Smartphone-169.99 and Free Shipping| GearBest.com

・関連記事
最強の格安スマホと名高い「Xiaomi Mi5」、携帯各社の最新機種より割安に | BUZZAP!(バザップ!)

ベゼルレスで4GB RAM、未来の性能なのに価格は格安スマホの「Ulefone Future」発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

3GB RAMやソニーカメラなど全部入り、1万円台の高性能格安スマホ「BLUBOO XTOUCH」 | BUZZAP!(バザップ!)

1万円台前半で8コアCPU・3GB RAM、ものすごいコスパのSIMフリースマホ「Vernee Thor」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加